シリーズ〈小澤征爾さんで知る〉

小澤征爾さんで知る&聴く大作曲家50人【20】ビゼー~クラシック入門

※当サイトはアフィリエイトを利用しています

 

日本のクラシック音楽をけん引した「世界のオザワ」こと、指揮者の小澤征爾(おざわ・せいじ、1935-2024)さん。

このシリーズでは、小澤征爾さんの録音で50人の作曲家にふれながら、クラシック音楽の歴史を旅します。

この機会に「クラシック音楽を聴いてみよう」という方向け、クラシック入門シリーズです。

シリーズ一覧はこちらのページで確認できます。

ジョルジュ・ビゼー(Georges Bizet、1838-1875)

 

 

ビゼー

 

前回ご紹介したグノーの教え子のひとりが、ジョルジュ・ビゼー(Georges Bizet、1838-1875)です。

 

早熟の天才で、17歳のときには、学校からの課題だったと推測されている「交響曲ハ長調」という傑作もかきあげています。

ビゼー:交響曲ハ長調 の解説&お気に入り名盤【交響曲100の物語】

 

代表作は、歌劇「カルメン」や劇付随音楽「アルルの女」など。

 

「カルメン」の失敗

 

いまでは、オペラの代名詞のような人気作である歌劇「カルメン」。

ですが、1875年の3月に行われたパリでの初演は大失敗におわりました。

それから3ヶ月後の1875年6月、ビゼーは失意のうちに心臓発作で他界してしまいます。

 

ところが、そんな歌劇「カルメン」が現在につながるような評価を受け始めるのに、あまり時間はかかりませんでした。

1875年10月におこなわれたウィーン初演は大成功。

それは、悲しいことに、ビゼーの死後わずか4か月後のことでした。

 

小澤征爾さんで聴くビゼー

 

「カルメン」前奏曲

 

まずは、いちばん有名な「カルメン」の前奏曲(トレアドール)をどうぞ。

このアルバムの後半には、これまた有名な「アルルの女」組曲も入っています。

 

( Apple Music↑ ・ Amazon Music ・ Spotify ・ Line Music などで聴けます)

 

created by Rinker
Warner Classics
¥1,343 (2024/04/13 20:03:15時点 Amazon調べ-詳細)

 

「カルメン」~“ 来たぞ!来たぞ! ”

 

小澤征爾さんは、大歌手ジェシー・ノーマン(Jessye Norman, 1945-2019)を主人公に、歌劇「カルメン」の全曲もレコーディングしています。

そのなかから、さきほどの旋律に、元気な合唱もくわわる“ 来たぞ!来たぞ! ”をどうぞ。

( Apple Music↑ ・ Amazon Music ・ Spotify ・ Line Music などで聴けます)

 

created by Rinker
Universal Music
¥2,420 (2024/04/14 03:53:38時点 Amazon調べ-詳細)

 

オンライン配信の聴き方

 

♪このブログではオンライン配信の音源も積極的にご紹介しています。

 

現状、Apple Music アップル・ミュージックがいちばんおすすめのサブスクです。

Apple Music Classical日本版が解禁!クラシック音楽に特化~弱点もちょっとあります

AppleMusicでクラシック音楽のサブスクを~スマホは音の図書館

 

Amazon Musicアマゾン・ミュージックも配信されている音源の量が多く、お薦めできます。

Amazonでクラシック音楽のサブスクを~スマホは音の図書館

 

 

■オンライン配信の聴き方全般については、「クラシック音楽をオンライン(サブスク定額制)で楽しむ~音楽好きが実際に使ってみました~」のページでご紹介しています。

 

 

 

お薦めのクラシックコンサートを「コンサートに行こう!お薦め演奏会」のページでご紹介しています。

判断基準はあくまで主観。これまでに実際に聴いた体験などを参考に選んでいます。

 

♪実際に聴きに行ったコンサートのなかから、特に印象深かったものについては、「コンサートレビュー♫私の音楽日記」でレビューをつづっています。コンサート選びの参考になればうれしいです。

 

クラシック音楽にまつわるTシャツ&トートバッグTシャツトリニティというサイト(クリックでリンク先へ飛べます)で販売中です。

 

 

 

小澤征爾さんで知る&聴く大作曲家50人【19】グノー~クラシック入門前のページ

NHK-FMの歩き方、クラシック音楽をラジオでたのしもう♪~ラジオの聴き方とお薦め番組次のページ

ピックアップ記事

  1. クラシック音楽をサブスク(月額定額)で楽しむ方法~音楽好きが実際に使ってみました…

関連記事

PR

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

おすすめnote

カテゴリー&検索

月別アーカイブ

最近の記事

  1. オリジナル・Tシャツ&バッグ制作

    マーラー「夜の歌」Tシャツ作りました。【クラシック音楽のオリジナルTシャツ制作】…
  2. コンサートに行こう!お薦め演奏会

    初めてのベートーヴェン「第九」コンサート~しっかりめの準備や予習・解説
  3. エッセイ&特集、らじお

    イギリス最後の偉大な変人ビーチャム~初夏の一日に聴くブラームスの隠れた名演
  4. お薦めの音楽家たち

    音大フェスティバル・オーケストラの公演から~わたしのおすすめクラシック・コンサー…
  5. コンサートレビュー♫私の音楽日記

    ジョナサン・ノットと東京交響楽団の「第九」2021、そしてスイス・ロマンドとの「…
PAGE TOP