エッセイ&特集、らじお

Apple Music Classicalでクラシック音楽のサブスクを~スマホは音の図書館

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

 

 

クラシック音楽専用アプリ「Apple Music Classicalアップル・ミュージック・クラシカル」がリリースされ、Apple Musicがクラシック音楽のサブスクで、先頭に立った印象があります。

 

Apple Music Classical日本版が解禁!クラシック音楽に特化~弱点もちょっとあります

 

私のブログでは、オンライン配信の音源紹介も行うため、いろいろなサブスク(月額定額で音楽を聴けるサービス)を試してみました。

実際に使ってみた経験をふまえてApple Music Classical(公式サイト)でのクラシック音楽配信についてご紹介していきます。

 

Apple Music とApple Music Classicalのこと

Apple Music のサービス

 

  • 費用:
    学生 ¥580(月額)
    個人 ¥1,080(月額)
    ファミリー ¥1,680(月額)
  • 無料体験あり

Apple Music Classicalアップル・ミュージック・クラシカルのアプリは、この通常のApple Music を契約することで使用できるようになります。

追加料金などは一切かからず、AppleMusicのサービスのひとつとして展開されています。

 

 

クラシック音楽にも強いアップル

 

検索機能が格段に充実したApple Music

 

Apple Music Classicalというクラシック音楽に特化したアプリを導入

検索機能がスムーズになりました!

クラシック音楽は「作曲家」「曲目」「演奏家」「指揮者」「オーケストラ」などなど、アルバム情報が多様なために独特の検索のむずかしさがありましたが、見事にほぼ解消されています。

 

■アップルは、クラシック音楽のレパートリーが充実しています。

古い録音はもちろん、最新のものまで広くカヴァーしています。

例えば、エクストン・レーベルがリリースしたジョナサン・ノット&東京交響楽団の新譜「ショスタコーヴィチ:交響曲第4番」なども、リリース直後から制限なしで全曲聴けます。

 

魅力的な独占配信

 

さらなる差別化をねらってのことでしょう。

「独占配信」にもアップルは力を入れています。

すでに名門ウィーン・フィルやロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、サンフランシスコ交響楽団などが独占配信を開始

ムーティ(指揮)ウィーン・フィル「幻想交響曲」

 

♪リッカルド・ムーティ(指揮)ウィーン・フィル
ベルリオーズ:幻想交響曲&ドビュッシー:夜想曲

こちらは、ウィーン・フィルが展開している独占配信のひとつ。

巨匠リッカルド・ムーティ(!)が指揮したウィーン・フィル公演のライヴ録音です。

「ドビュッシー:夜想曲&ベルリオーズ:幻想交響曲」がAppleMusic独占で配信されています。

 

ハイティンク(指揮)コンセルトヘボウ「ブルックナー6番」

 

♪ベルナルト・ハイティンク(指揮)ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ブルックナー:交響曲第6番

 

 

サロネン(指揮)サンフランシスコ「ローマの松」

 

♪エサ=ペッカ・サロネン(指揮)サンフランシスコ交響楽団
レスピーギ:「ローマの松」

 

魅力的な先行配信

 

■さらに、独占まではいかないものの先行配信も充実

2024年2月現在、以下のような、さすがのラインナップが先行配信されています。

 

チェリビダッケ(指揮)ミュンヘン・フィル「フランク:交響曲」

 

♪セルジュ・チェリビダッケ(指揮)ミュンヘン・フィル
「ドビュッシー:夜想曲&フランク:交響曲ニ短調」

 

ペトレンコ(指揮)ベルリン・フィル「ラフマニノフ:交響曲第2番」

 

♪キリル・ペトレンコ(指揮)ベルリン・フィル
「ラフマニノフ:交響曲第2番、死の島、交響的舞曲」

 

クラシック音楽のサブスク

 

現状、AppleMusicがクラシック音楽No.1のサブスクか

 

クラシック音楽のサブスク(月額定額サービス)は色々ありますが、「検索機能の充実」という点でも、Apple Musicが頭ひとつ抜け出た格好になったと思います

独占配信や先行配信もスタートしたので、現状、クラシック音楽のNo.1のサブスクはApple Music ということになるでしょう。

 

というわけで、Apple Music アップル・ミュージックとApple Music Classical アップル・ミュージック・クラシカルについてご紹介しました。

 

とはいえ、実際のところは、自身で使ってみて検討するのが安心だと思います。

Apple Music Classical(公式サイト)には無料体験があります。

料金等の詳細についても、公式ホームページでかならず確認をお願いします。

 

 

♪このブログではオンライン配信の音源も積極的にご紹介しています。

オンライン配信の聴き方については、「クラシック音楽をオンライン(サブスク定額制)で楽しむ~音楽好きが実際に使ってみました~」のページでご紹介しています。

 

 

♪お薦めのクラシックコンサートを「コンサートに行こう!お薦め演奏会」のページでご紹介しています。

判断基準はあくまで主観。これまでに実際に聴いた体験などを参考に選んでいます。

 

♪実際に聴きに行ったコンサートのなかから、特に印象深かったものについては、「コンサートレビュー♫私の音楽日記」でレビューをつづっています。コンサート選びの参考になればうれしいです。

 

 

♪クラシック音楽にまつわるTシャツ&トートバッグをTシャツトリニティというサイト(クリックでリンク先へ飛べます)で販売中です。

 

 

 

東京シティ・フィルの公演から~わたしのお薦めの音楽家たち前のページ

このシベリウス、どれほどの聴衆が耐えられただろう~プレトニョフ(指揮)東京フィル次のページ

ピックアップ記事

  1. クラシック音楽をサブスク(月額定額)で楽しむ方法~音楽好きが実際に使ってみました…

関連記事

  1. お薦めの音楽家たち

    ジョナサン・ノット2026年3月で東響音楽監督を退任

    ※当サイトはアフィリエイトを利用しています  東京…

PR

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

おすすめnote

カテゴリー&検索

月別アーカイブ

最近の記事

  1. オリジナル・Tシャツ&バッグ制作

    【クラシック音楽Tシャツ】パガニーニとヴァイオリンの新作Tシャツつくりました
  2. コンサートレビュー♫私の音楽日記

    ドイツの名門オーケストラが初の女性コンサートマスターとして迎えた日本人ヴァイオリ…
  3. シリーズ〈オーケストラ入門〉

    ウィーン・フィルのニューイヤーコンサート7選【オーケストラ入門】~小さな試聴室
  4. エッセイ&特集、らじお

    クラシック音楽をサブスク(月額定額)で楽しむ方法~音楽好きが実際に使ってみました…
  5. シリーズ〈交響曲100の物語〉

    リスト:「ダンテ交響曲」解説&お気に入り名盤【交響曲100の物語】
PAGE TOP