シリーズ〈小澤征爾さんで音楽史〉

小澤征爾さんで知る&聴く大作曲家50人【26】ムソルグスキー~クラシック入門

※当サイトはアフィリエイトを利用しています

 

日本のクラシック音楽をけん引した「世界のオザワ」こと、指揮者の小澤征爾(おざわ・せいじ、1935-2024)さん。

このシリーズでは、小澤征爾さんの録音で50人の作曲家にふれながら、クラシック音楽の歴史を旅します。

この機会に「クラシック音楽を聴いてみよう」という方向け、クラシック入門シリーズです。

シリーズ一覧はこちらのページで確認できます。

モデスト・ムソルグスキー(Modest Mussorgsky, 1839-1881)

 

 

ムソルグスキー

 

フランス音楽をしばらく見てきたので、ここで、少し場所を変えて、ロシアへ目を向けたいと思います。

前回のラヴェルでも名前が登場したモデスト・ムソルグスキー(Modest Mussorgsky, 1839-1881)をご紹介します。

 

年代的には、ドイツのブラームス(Johannes Brahms、1833-1897)の6歳下、フランスのビゼー(Georges Bizet、1838-1875)の1歳下という時代の作曲家です。

 

ムソルグスキーは、バラキレフ、キュイ、ボロディン、リムスキー=コルサコフらと「ロシア5人組」という作曲家集団を結成していたひとりです。

この5人組は、バラキレフをのぞいて、みんな本業を別に持っていて、ムソルグスキーは事務方の公務員でした。

ただ、たいへんな酒豪で、やがてアルコール依存症となり、それが原因で42歳の若さでこの世を去ってしまいます。

 

その作品の原色的色彩感、斬新で、まったく誰にも似ていない個性は、強く耳を惹きつけるものがあり、近年、その存在感が高まってきている作曲家です。

 

小澤征爾さんで聴くムソルグスキー

 

組曲「展覧会の絵」

 

ここはやはり、ムソルグスキーのいちばんの人気作である組曲「展覧会の絵」をご紹介したいと思います。

実はもともとはピアノ曲で、20世紀に入ってから、フランスの作曲家ラヴェルがオーケストラ編曲したことで、より広く聴かれるようになりました。

ここでは、終曲の「キーウ(キエフ)の大きな門」をお届けします。

 

1967年、小澤征爾さんが32歳になる年に、シカゴ交響楽団を指揮した、若き日の録音。

( Apple Music↑ ・ Amazon Music ・ Spotify ・ Line Music などで聴けます)

 

created by Rinker
¥1,179 (2024/05/19 10:02:03時点 Amazon調べ-詳細)

 

オンライン配信の聴き方

 

♪このブログではオンライン配信の音源も積極的にご紹介しています。

 

現状、Apple Music アップル・ミュージックがいちばんおすすめのサブスクです。

Apple Music Classical日本版が解禁!クラシック音楽に特化~弱点もちょっとあります

AppleMusicでクラシック音楽のサブスクを~スマホは音の図書館

 

Amazon Musicアマゾン・ミュージックも配信されている音源の量が多く、お薦めできます。

Amazonでクラシック音楽のサブスクを~スマホは音の図書館

 

 

■オンライン配信の聴き方全般については、「クラシック音楽をオンライン(サブスク定額制)で楽しむ~音楽好きが実際に使ってみました~」のページでご紹介しています。

 

 

 

 

お薦めのクラシックコンサートを「コンサートに行こう!お薦め演奏会」のページでご紹介しています。

印象深かったコンサートについては、「コンサートレビュー♫私の音楽日記」でレビューをつづっています。

クラシック音楽Tシャツ&トートバッグTシャツトリニティというサイト(クリックでリンク先へ飛べます)で販売中。

 

 

ジョナサン・ノット2026年3月で東響音楽監督を退任前のページ

小澤征爾さんで知る&聴く大作曲家50人【27】ボロディン~クラシック入門次のページ

ピックアップ記事

  1. クラシック音楽をサブスク(月額定額)で楽しむ方法~音楽好きが実際に使ってみました…

関連記事

PR

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

おすすめnote

カテゴリー&検索

月別アーカイブ

最近の記事

  1. オリジナル・Tシャツ&バッグ制作

    【クラシック音楽のTシャツ制作】ブラームスのTシャツ・バッグをつくってみました
  2. シリーズ〈交響曲100の物語〉

    【初心者向け:交響曲100の物語】モーツァルト:交響曲第35番ニ長調『ハフナー』…
  3. お薦めの音楽家たち

    オーボエ奏者シェレンベルガー来日公演2024~わたしのおすすめクラシック・コンサ…
  4. エッセイ&特集、らじお

    イギリス最後の偉大な変人ビーチャム~初夏の一日に聴くブラームスの隠れた名演
  5. シリーズ〈交響曲100の物語〉

    【初心者向け:交響曲100の物語】ハイドン:交響曲第100番『軍隊』、第101番…
PAGE TOP