シリーズ〈小澤征爾さんで知る〉

小澤征爾さんで知る&聴く大作曲家50人【4】ハイドン~クラシック入門

※当サイトはアフィリエイトを利用しています

 

日本のクラシック音楽をけん引した「世界のオザワ」こと、指揮者の小澤征爾(おざわ・せいじ、1935-2024)さん。

このシリーズでは、小澤征爾さんの録音で50人の作曲家にふれながら、クラシック音楽の歴史をおおまかに旅します。

この機会に「クラシック音楽を聴いてみよう」という方向け、クラシック入門シリーズです。

シリーズ一覧はこちらのページで確認できます。

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン

 

“ 交響曲の父 ”ハイドン

 

バッハやヘンデルに代表される「バロック音楽」の時代のあと、「古典派」といわれる大作曲家たちが登場します。

その最初の大作曲家のひとりが、オーストリアのフランツ・ヨーゼフ・ハイドン(Franz Joseph Haydn, 1732-1809)です。

 

「交響曲」や「弦楽四重奏曲」といったジャンルを自身の手で確立した功績は大変おおきく、「交響曲の父」とか「弦楽四重奏の父」などと呼ばれることもあります。

 

ハイドンが時間と労力をかけて、そうした音楽形式を完成させたからこそ、あとにつづくモーツァルトやベートーヴェンが若いうちから活躍できたと言ってもいいくらいです。

 

明朗快活な音楽

 

ハイドンは非常に朗らかで、温厚な性格だったと言われています。

 

24歳も年下のモーツァルトの天才を、すぐに手放しで認めた寛大な人間性。

モーツァルトもハイドンを敬愛し、親しみを込めて“ パパ・ハイドン ”と呼んでいました。

若きベートーヴェンを発見して、音楽の都ウィーンに連れ出したのもハイドンでした。

 

彼のそうした寛大さ、温厚さは、彼の音楽からもはっきりと感じ取れます。

彼の書く宗教曲が明る過ぎると批判されたとき、神様が自分を朗らかな性格に創造したのだから、朗らかな音楽を書いて問題はないはずだ、と答えたそうです。

 

小澤征爾さんで聴くハイドン

 

ドイツ国歌

 

意外なことに、小澤征爾さんにはハイドンの録音が見当たりません。

コンサートでは指揮されていたので、たまたまでしょう。

 

そこで、1998年長野オリンピックのときに、小澤征爾さんが新日本フィルと録音した「世界の国歌」というアルバムから、「ドイツ国歌」をご紹介します。

 

この国歌、実は、ハイドンが作曲した「神よ、皇帝フランツを守りたまえ」の旋律をつかったものです。

ハイドン自身、この旋律を気に入っていたようで、あとに、弦楽四重奏曲「皇帝」の第2楽章でも使っています。

♪ドイツ国歌
小澤征爾(指揮)
新日本フィルハーモニー交響楽団

( Apple Music↑ ・ Amazon Music ・ Spotify ・ Line Music などで聴けます)

 

created by Rinker
ユニバーサル ミュージック
¥515 (2024/04/14 08:24:22時点 Amazon調べ-詳細)

 

バーンスタインで聴くハイドン

 

ハイドンといえば、やはり「交響曲」に触れておきたい作曲家。

ここはピンチヒッターとして、小澤征爾さんの師匠でもあり、ミュージカル「ウエスト・サイド・ストーリー」の作曲者としても名高いレナード・バーンスタイン(Leonard Bernstein、1918-1990)に登場してもらいましょう。

 

曲は、ハイドンの交響曲第82番「熊」から第4楽章。

 

「熊」というニックネームは、ハイドンがつけたわけではありませんが、こうして、あだ名がつけられている作品が多いのも、ハイドンの特徴。

熊が躍っているようだからとか、熊が爪を研いでいる音に聴こえるとか、その由来には諸説あります。

( Apple Music↑ ・ Amazon Music ・ Spotify ・ Line Music などで聴けます)

 

オンライン配信の聴き方

 

♪このブログではオンライン配信の音源も積極的にご紹介しています。

 

現状、Apple Music アップル・ミュージックがいちばんおすすめのサブスクです。

Apple Music Classical日本版が解禁!クラシック音楽に特化~弱点もちょっとあります

AppleMusicでクラシック音楽のサブスクを~スマホは音の図書館

 

Amazon Musicアマゾン・ミュージックも配信されている音源の量が多く、お薦めできます。

Amazonでクラシック音楽のサブスクを~スマホは音の図書館

 

 

■オンライン配信の聴き方全般については、「クラシック音楽をオンライン(サブスク定額制)で楽しむ~音楽好きが実際に使ってみました~」のページでご紹介しています。

 

 

 

お薦めのクラシックコンサートを「コンサートに行こう!お薦め演奏会」のページでご紹介しています。

判断基準はあくまで主観。これまでに実際に聴いた体験などを参考に選んでいます。

 

♪実際に聴きに行ったコンサートのなかから、特に印象深かったものについては、「コンサートレビュー♫私の音楽日記」でレビューをつづっています。コンサート選びの参考になればうれしいです。

 

クラシック音楽にまつわるTシャツ&トートバッグTシャツトリニティというサイト(クリックでリンク先へ飛べます)で販売中です。

 

 

 

小澤征爾さんで知る&聴く大作曲家50人【3】ヘンデル~クラシック入門前のページ

小澤征爾さんで知る&聴く大作曲家50人【5】モーツァルト~クラシック入門次のページ

ピックアップ記事

  1. クラシック音楽をサブスク(月額定額)で楽しむ方法~音楽好きが実際に使ってみました…

関連記事

PR

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

おすすめnote

カテゴリー&検索

月別アーカイブ

最近の記事

  1. シリーズ〈小澤征爾さんで知る〉

    小澤征爾さんで知る&聴く大作曲家50人【12】リスト~クラシック入門
  2. コンサートレビュー♫私の音楽日記

    初めて聴いた東京シティ・フィル&高関健(指揮)のコンサート~もっとモー…
  3. エッセイ&特集、らじお

    わたしが聴いた小澤征爾~「世界のオザワ」は本当にすごかったのか
  4. コンサートレビュー♫私の音楽日記

    初めて聴く「千葉交響楽団」ニューイヤーコンサート2023~ポルカ演奏が絶品~
  5. お薦めの音楽家たち

    ジョナサン・ノット2026年3月で東響音楽監督を退任
PAGE TOP