オリジナル・Tシャツ&バッグ制作

【音楽を着よう】クラリネット&バス・クラリネットをモチーフにしたTシャツをリリースしました

 

クラシック音楽にまつわるオリジナルデザインTシャツをリリースしていますが、前に「楽器」特集をやった際、「もっとクラリネットを」という反応、そして特に、「バス・クラリネットを!」という反応をいただいたので、今回は、クラリネット特集でデザイン&リリースしてみました。

Tシャツトリニティというサイト内に、アートーンショップ( ARTONE SHOP ・ 販売ページ)という名前で出店しています。

 

クラリネット

 

まずは王道のクラリネットです。

添えてある文字は、名クラリネット奏者ジャック・ブライマーが言ったとされる言葉です。

 

“The clarinet in its most perfect form is a strange beast-

if it is imperfect, it is also completely untamable.”

Jack Brymer

“ 最良の状態にあるクラリネットであっても、それは奇妙な野獣。

もし不完全な状態であれば、それはもう、飼いならすことなど不可能だ。 ”

ジャック・ブライマー

 

これほどの名手をして、クラリネットは「野獣」だと言っていることに興味をひかれる言葉です。

 

こちらが背面プリントです。

ホワイトプリント版がこちら。

 

その背面プリント。

 

秋冬になりますので、長袖も。

 

 

そして、それのホワイトプリント版がこちら。

 

 

Tシャツの生地の色は、いろいろなカラーから購入者が選択できるような仕組みになっていますので、写真はあくまでどれも一例です。

 

バス・クラリネット

 

楽器シリーズのTシャツをリリースして、何度も言われたのが「バスクラリネットを!」ということ。

バスクラリネット奏者の「楽器愛」は、なかなかすごいものがあるのだと教えられました。

 

 

ホワイトプリントがこちら。

 

 

長袖バージョンも。

長袖バージョンのホワイトプリント版がこちら。

 

バスクラリネットと名言

 

ジャック・ブライマーが言ったとされている名言を添えた、バスクラリネット・バージョンのTシャツがこちら。

添えた言葉は、こちら。

The ability to play the clarinet is the ability to overcome the imperfections of the instrument.
There’s no such thing as a perfect clarinet, never was and never will be.

クラリネットを奏する能力というのは、楽器の不完全さを克服する能力のことだ。
完全な楽器なんて存在していない。
それは過去もそうだったし、これからもずっとそうだろう。

ジャック・ブライマーの、クラリネットに抱く高い理想がかえって感じられる、すばらしい言葉だと思って選びました。

 

 

ホワイトプリント版がこちらで、さらに、長袖バージョンもあります。

 

 

バスクラリネットのスケッチ

バスクラリネットについては、さらにもう1種類作ってみました。

こちらは背面プリントのみですが、デザインの色はブルー系のものとグレー系の2種類があります。

そして、これらの長袖バージョン。

 

文字は前のものと同じで、No Bass Clarinet  No Music  No Life と刻んであります。

 

クラリネット・ファミリー

そして、今回のしめは「クラリネット・ファミリー」と題して、いろいろなクラリネットを並べてみました。

文字は The Clarinet Family The Beasts と題して、冒頭のジャック・ブライマーの名言にあやかって、「クラリネット・ファミリー 野獣のみなさん」ということにしました。

 

 

こちらがその背面プリントバージョン。

ホワイトプリント版がこちら。

 

そして、長袖バージョン。

そして、そのホワイトプリント版がこちら。

 

販売先はTシャツトリニティというサイト

 

 

販売先のページはこのようになっていて、Tシャツにかぎらずバッグ類もふくめ、それぞれのアイテムについて、購入者がベース生地の色をさまざまに選べるような仕組みになっています。

 

価格については、およそ2~3千円で設定していますが、生地の色、インクの種類、サイズによって価格がかわりますので、それぞれのページでご確認ください。

また、500~1000円ほどの値引きセールがわりと頻繁に行われるサイトです。

 

 

Tシャツトリニティというサイト内に、アートーンショップ( ARTONE SHOP ・ 販売ページ)という名前で出店しています。

 

アイテム数が多くなってきましたので、「ちょっとさがしづらいな‥」というときは、商品ページ一覧の画面、下の画像の右の青い矢印の位置に、「デザインでみる」というボタンがありますので、そちらをクリックしていただくと、デザインだけが一覧表示されて見つけやすいです。

 

これまでのほかのリリースについては「クラシックのTシャツ&バッグ制作」のコーナーからご覧いただけます。

 

というわけで、もちろん、買っていただけるといちばん嬉しいですが、のぞいていただくだけでも「アクセス数」が励みになります。

どうぞよろしくお願いします!

 

NHK-FMラジオの歩き方:クラシック番組もついに「聴き逃し」対応に!【喜びの追記】前のページ

なぜこんな凄い指揮者がアマチュア・オケで仕事を…?~マーラー祝祭オーケストラを聴いて次のページ

ピックアップ記事

  1. クラシック音楽をサブスク(月額定額)で楽しむ方法~音楽好きが実際に使ってみました…

関連記事

PR

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

おすすめnote

カテゴリー&検索

月別アーカイブ

最近の記事

  1. シリーズ〈交響曲100の物語〉

    【初心者向け:交響曲100の物語】ベートーヴェン:交響曲第2番~小さな試聴室
  2. お薦めの音楽家たち

    大阪交響楽団の公演から~わたしのおすすめクラシック・コンサート
  3. コンサートレビュー♫私の音楽日記

    帰ってきた、もうひとりのピアノの女王~マリア・ジョアン・ピリスの日本公演2022…
  4. オリジナル・Tシャツ&バッグ制作

    Tシャツ・バッグ 新作を追加~ハイドンの「くま」とドヴォルザーク:「アメリカ」
  5. シリーズ〈交響曲100の物語〉

    【初心者向け:交響曲100の物語】ハイドン:交響曲第48番『マリア・テレジア』
PAGE TOP