クラシックのTシャツ&バッグ制作

【クラシック音楽Tシャツ】音楽が描かれた絵画のTシャツをリリース~『音の絵』第2弾

 

世の中にはかっこいいジャズのTシャツは山のように売られているのに、クラシック音楽をモチーフにしたものはほとんどない。

だったら「自分でデザインしてリリースしていこう」ということで、始まったこのTシャツ制作。

 

秋冬も継続中です。

今回は、前回にひきつづき“ 西洋絵画の作品に描かれた音楽 ”をテーマにしました。

 

Tシャツトリニティというサイト内に、アートーンショップ( ARTONE SHOP ・ 販売ページ)という名前で出店しています。

 

ラフマニノフ《音の絵》

 

大作曲家セルゲイ・ラフマニノフ(1873-1943)には、練習曲集《音の絵》という作品があります。

フランス語でÉtudes-tableauxと題されたこの練習曲集の題名を、Tシャツのモチーフに引用させてもらいました。

 

ホルン吹きの肖像

 

ポーランド生まれのアレクサンダー・オルロウスキ(1777-1832)の『フレンチホルンを吹く音楽家』という絵画をテーマにしています。

 

ユーモラスなような真剣なような、一度みると忘れられない、強烈な印象を残す絵画です。

 

そして、背面プリント・ヴァージョン。

文字色は黒のものと、白のものと2種類あります。

 

オーソドックスな半袖Tシャツも同時にリリースしています。

そして、半袖の背面プリントヴァージョン。

それから、トートバッグ。

 

ホルン吹きのお知り合いがいれば、プレゼントにぜひ。

 

この販売サイトでは、購入される方がベース生地の色を多数のカラーから選択できるようになっています。

ですので、これらの写真はどれも一例です。

 

 

ヴァイオリン・アート

 

フランスのジョルジュ・ブラック(1882-1963)の『ヴァイオリンのある静物画』をテーマにしています。

ブラックは、ピカソと同時代の画家で、キュビスムの創始者のひとり。

 

 

 

こちらも、半袖ヴァージョンを同時にリリースしています。

 

 

 

ヴァイオリンを弾く

 

ベルギーの画家アンリ・デ・ブラーケレール(1840-1888)の『ヴァイオリン弾き』をテーマにしています。

これも、一度みると妙に印象に残る絵です。

 

ここでヴァイオリンを練習しているひとは、プロというよりは、何となく、愛好家のような、ストリート・ミュージシャンのような趣が感じられて、音楽への素朴で、純粋な愛がつたわってくる絵です。

 

 

 

 

そして、トートバッグ。

 

販売先はTシャツトリニティというサイト

 

 

販売先のページはこのようになっていて、Tシャツにかぎらずバッグ類もふくめ、それぞれのアイテムについて、購入者がベース生地の色をさまざまに選べるような仕組みになっています。

 

価格については、およそ2~3千円で設定していますが、生地の色、インクの種類、サイズによって価格がかわりますので、それぞれのページでご確認ください。

また、この販売サイト「Tシャツトリニティ」では、500~1000円ほどの値引きセールがわりと頻繁に行われます

 

Tシャツトリニティ内に、アートーンショップ( ARTONE SHOP ・ 販売ページ)という名前で出店しています。

 

これまでのほかのリリースについては「クラシックのTシャツ&バッグ制作」のコーナーからご覧いただけます。

 

もちろん、買っていただけるといちばん嬉しいですが、のぞいていただくだけでも「アクセス数」が励みになります。

どうぞよろしくお願いします!

 

 

♫画家の腕前も持っていた作曲家メンデルスゾーンが描いた風景画をモチーフにしたTシャツもリリースしています♫

 

新日本フィルを聴くなら上岡敏之さんの指揮で~ラルス・フォークト氏の代役として登壇前のページ

ジョナサン・ノット&東京交響楽団の美しいブルックナー第2番、ウェーベルン、シェーンベルクを聴いて次のページ

ピックアップ記事

  1. クラシック音楽をオンライン(サブスク定額制)で楽しむ~音楽好きが実際に使ってみま…

関連記事

おすすめnote

カテゴリー&検索

月別アーカイブ

最近の記事

  1. シリーズ〈クラシック音楽の音楽処方箋〉

    【クラシック音楽の処方箋】YouTubeで親しむクリスマス・シーズンのクラシック…
  2. コンサートレビュー♫私の音楽日記

    ヴィヴァルディ「四季」の王様ビオンディの2022年来日公演を聴く~「新しさ」への…
  3. コンサートレビュー♫私の音楽日記

    リッカルド・ムーティ指揮 東京春祭オーケストラ演奏会2022を聴いて
  4. ジャンル〈ピアノ・器楽曲〉

    ショパンの名曲3作品を3人の名ピアニストで聴く~小さな試聴室
  5. シリーズ〈交響曲100の物語〉

    【交響曲100の物語】メンデルスゾーン:交響曲第5番ニ長調Op107《宗教改革》…
PAGE TOP