オリジナル・グッズ

メンデルスゾーンのTシャツ、『展覧会の絵』シリーズ第2弾をリリースしました

 

世の中には、クラシック音楽をテーマにしたTシャツ類があまりにも少ない。

だったら、自分でデザインしてリリースしてみようという企画を実行しています。

 

今回の第9弾は、前々回の第7弾にひきつづいて、作曲家メンデルスゾーンが描いたスケッチや水彩画をモチーフにしたTシャツです。

 

これこそ着ている本人にしかわからないクラシック音楽Tシャツ、周りから見たら普通の風景画のTシャツですので、目立つものが苦手な方にも、きっと使いやすいと思います。

 

インターラーケンの木立

 

インターラーケンというのは、スイスにある地名だそうです。

そこでメンデルスゾーンが描いたスケッチと水彩画があって、まずは、スケッチのほうをモチーフにしたTシャツがこちら。

生地の色は一例で、販売先サイトではTシャツの生地色を自由に選択できるようになっています。

また、今回から6.2オンスという、生地の厚みがややしっかりとしたものもご用意しました。

襟のヨレなどが気になる方には、そちらのほうがお薦めです。

 

インターラーケンの風景、水彩画もあります。

 

 

このような販売ページになっていて、右側でTシャツの色とサイズを自由に選択できるようになっています。

インターラーケンの水彩画、わりと色彩が控えめなので、落ち着いたものが好きなかたにはお薦めの絵画です。

 

フィレンツェの風景

 

つぎに、イタリアのフィレンツェを描いたとされる水彩画をモチーフにしたもの。

これらもTシャツの生地の色は、さまざまなカラーから選べます。

 

シヨン城

 

もうひとつは、スイスにあるシヨン城を描いたのではとされている水彩画をモチーフにしました。

こちらはバックプリント、背面プリントのTシャツです。

 

どのTシャツにも印字してあるのは“ Pictures at an exhibition ” で、ムソルグスキーの代表作《展覧会の絵》の題名から拝借しました。

そうしたところも、とにかくクラシック音楽が好きな人のためのTシャツです。

 

販売先はTシャツトリニティというサイト

 

 

販売先のページはこのようになっていて、Tシャツにかぎらずバッグ類もふくめ、それぞれのアイテムについて、購入者がベース生地の色をさまざまに選べるような仕組みになっています。

 

これまでに、2022年は、第1段はパガニーニの『24のカプリース』、第2弾が吹奏楽の楽器を特集した楽器シリーズ、第3弾がベートーヴェンの《運命》と《田園》、第4弾はブラームス、第5弾はショパンとシューマン、第6弾はベルリオーズの幻想交響曲で、第6弾としてブラームスの交響曲全集、そして、前回は第7弾としてメンデルスゾーンの「展覧会の絵」、そして、前回の第8弾はブルックナーをすでにリリースしています。

ブルックナーは、意外なほど反響があってびっくりしました。ありがとうございます。

 

価格については、およそ2~3千円で設定していますが、生地の色、インクの種類、サイズによって価格がかわりますので、それぞれのページでご確認ください。

また、500~1000円ほどの値引きセールがわりと頻繁に行われるサイトです。

夏はセールが多いようなので、是非のぞいてみてください。

 

Tシャツトリニティというサイト内に、アートーンショップ( ARTONE SHOP ・ 販売ページ)という名前で出店しています。

 

アイテム数が多くなってきましたので、「ちょっとさがしづらいな‥」というときは、商品ページ一覧の画面、下の画像の右の青い矢印の位置に、「デザインでみる」というボタンがありますので、そちらをクリックしていただくと、デザインだけが一覧表示されて見つけやすいです。

 

というわけで、もちろん、買っていただけるといちばん嬉しいですが、のぞいていただくだけでも「アクセス数」が励みになります。

どうぞよろしくお願いします!

 

 

【交響曲100の物語】ベルリオーズ:幻想交響曲Op14~ある芸術家の生涯のエピソード前のページ

ユナイテッド・ユーロ・ブラス・クインテットを聴いて~世界的名手たちの金管五重奏次のページ

ピックアップ記事

  1. クラシック音楽をオンライン(サブスク定額制)で楽しむ~音楽好きが実際に使ってみま…

関連記事

おすすめnote

カテゴリー&検索

月別アーカイブ

最近の記事

  1. エッセイ&特集

    ガーシュウィン:歌劇『ポーギーとベス』~休日の午後にたのしみたいハイライト版
  2. シリーズ〈オーケストラ入門〉

    【オーケストラ入門】チャイコフスキー:荘厳序曲『1812年』~小さな試聴室
  3. シリーズ〈交響曲100の物語〉

    【初心者向け:交響曲100の物語】ハイドン:交響曲第88番ト長調『V字』~小さな…
  4. ジャンル〈交響曲〉

    ジョナサン・ノットと東京交響楽団の「第九」2021、そしてスイス・ロマンドとの「…
  5. 私が聴いたコンサート♬レビュー

    初めて聴いた東京シティ・フィル&高関健(指揮)のコンサート~もっとモー…
PAGE TOP