オリジナル・Tシャツ&バッグ制作

メンデルスゾーンの描いた冬のドイツの情景~クラシック音楽にまつわるTシャツ制作

 

クラシック音楽にまつわるオリジナルTシャツを制作しています。

今回は、絵画の腕前も一流だった作曲家メンデルスゾーン(1809-1847)が描いた冬の情景をモチーフにしました。

 

そして、絵といえばムソルグスキーの組曲「展覧会の絵」ですので、絵画の題名に“ Pictures at an Exhibition ”という題名を添えています。

Tシャツトリニティというサイト内に、アートーンショップ( ARTONE SHOP ・ 販売ページ)という名前で出店しています。

 

 

冬のライプツィヒA

 

メンデルスゾーンが描いた冬のライプツィヒの情景、もとの絵画がこちらです。

 

では、まずは半袖Tシャツ。

そして、長袖がこちら。

 

さらに、トートバッグです。

 

Tシャツもトートバッグも、生地の色は複数のカラーから選択ができるようになっています。

PCで見た場合の販売ページは以下のようになっていて、購入される方が自由に生地色を選択できます。

 

ですので、ここにご紹介している画像は、どれもそれぞれのデザインでの一例になります。

お好みの色をさがしてみてください。

 

冬のライプツィヒB

 

文字色をホワイトに変えたのが「B」バージョンです。

まずは半袖です。

そして、長袖。

そして、トートバッグ。

 

 

 

雪の聖トーマスA

メンデルスゾーンといえば、バッハのマタイ受難曲を復活上演したことでも名高いですが、そのバッハが活躍した聖トーマス教会を描いた絵画もいくつかあります。

以前にも、別の絵画でTシャツをリリースしましたが、今回は雪景色の聖トーマス教会の絵画をえらびました。

 

 

まずは、半袖です。

そして、長袖。

そして、トートバッグ。

 

雪の聖トーマスB

 

上のモチーフで、文字色をホワイトにしたものが「B」です。

半袖がこちら。

そして、長袖。

そして、トートバッグ。

 

 

販売先はTシャツトリニティというサイト

 

 

販売先のページはこのようになっていて、Tシャツにかぎらずバッグ類もふくめ、それぞれのアイテムについて、購入者がベース生地の色をさまざまに選べるような仕組みになっています。

 

価格については、およそ2~3千円で設定していますが、生地の色、インクの種類、サイズによって価格がかわりますので、それぞれのページでご確認ください。

また、この販売サイト「Tシャツトリニティ」では、500~1000円ほどの値引きセールがわりと頻繁に行われます

 

Tシャツトリニティ内に、アートーンショップ( ARTONE SHOP ・ 販売ページ)という名前で出店しています。

 

これまでのほかのリリースについては「クラシックのTシャツ&バッグ制作」のコーナーからご覧いただけます。

 

もちろん、買っていただけるといちばん嬉しいですが、のぞいていただくだけでも「アクセス数」が励みになります。

どうぞよろしくお願いします!

 

 

♫画家の腕前も持っていた作曲家メンデルスゾーンが描いた風景画をモチーフにしたTシャツ、以前にもリリースしています♫

 

アルゲリッチ&海老彰子 デュオ・リサイタル~アルゲリッチは今もピアノの女王前のページ

【交響曲100】シューマン:交響曲第1番変ロ長調『春』Op38~シノーポリのエピソードも次のページ

ピックアップ記事

  1. クラシック音楽をサブスク(月額定額)で楽しむ方法~音楽好きが実際に使ってみました…

関連記事

PR

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

おすすめnote

カテゴリー&検索

月別アーカイブ

最近の記事

  1. シリーズ〈交響曲100の物語〉

    【交響曲100の物語】ベルリオーズ:交響曲《イタリアのハロルド》Op16~小さな…
  2. エッセイ&特集、らじお

    【交響曲100の物語&エッセイ】ハイドン:交響曲第103番『太鼓連打』&第104…
  3. コンサートに行こう!お薦め演奏会

    2024年10月のおすすめコンサート【 クラシック初心者向け 】~随時更新~
  4. エッセイ&特集、らじお

    わたしのラジオ日記【2023年3月号】~NHK「らじるらじる」で出会ったクラシッ…
  5. シリーズ〈交響曲100の物語〉

    シューマン:交響曲第3番変ホ長調「ライン」~小さな試聴室【交響曲100の物語】
PAGE TOP