オリジナル・Tシャツ&バッグ制作

メンデルスゾーンが描いた絵でTシャツをつくりました

 

クラシック音楽にまつわる、オリジナルのデザインTシャツを制作・販売しています。

 

2023年は、使いやすいバックプリント(背面プリント)を中心にリリースしています。

今回のテーマは、以前にもリリースした、フェリックス・メンデルスゾーン・バルトルディ(Felix Mendelssohn Bartholdy1809-1847)です。

彼は作曲家としてだけでなく、絵画の腕前も超一流でした。

 

前回は、すべて前面プリントのものでリリースしましたが、今回はバックプリント(背面プリント)で、デザインもすこし変更しています!

 

メンデルスゾーンが好きな方、水彩画や風景画が好きな方、クラシック音楽が好きな方にご覧いただきたいデザインになっています。

楽器を練習するとき、あるいは、音楽仲間とあつまるときなどに、背中にメンデルスゾーンを背負ってみてください。

 

Tシャツトリニティというサイト内に、アートーンショップ ARTONE SHOP (クリックでお店のページへとべます)という名前で出店しています。

 

メンデルスゾーンの描いた絵:フィレンツェ

 

「フィレンツェ」スタンダードTシャツ5.6オンス(クリックで商品ページへ飛べます)

 

「フィレンツェ」プレミアムTシャツ6.2オンス(クリックで商品ページへ飛べます)

 

■メンデルスゾーンが描いたイタリアのフィレンツェの絵をテーマにしています。

■いちばんしたの紋章は、フィレンツェの象徴でもある、メディチ家の紋章です。

■このシリーズは、どのTシャツにも、ムソルグスキーの有名な組曲「展覧会の絵」のタイトルの英訳、Pictures at an Exhibition を添えて、クラシック音楽の感じを強めています。

 

「フィレンツェ(ホワイト)」スタンダードTシャツ5.6オンス(クリックで商品ページへ飛べます)

 

「フィレンツェ(ホワイト)」プレミアムTシャツ6.2オンス(クリックで商品ページへ飛べます)

■こちらは、文字がホワイトになっているデザインのものです。濃い色のTシャツにあいますし、あえて淡い色の生地にして、文字の存在を薄めることもできます。

■どのTシャツもスタンダードTシャツ5.6オンス、そして、プレミアムTシャツ6.2オンスの2種類を販売しています。

簡単に言うと、プレミアムTシャツ6.2オンスのほうが生地が厚手です。

 

オランダの小さな市

 

「ハーグの小さな市」スタンダードTシャツ5.6オンス(クリックで商品ページへ飛べます)

 

「ハーグの小さな市」プレミアムTシャツ6.2オンス(クリックで商品ページへ飛べます)

■メンデルスゾーンが、オランダのハーグにて、小さな市の光景を描いた水彩画をモチーフにしています。

■このデザインにかぎらず、Tシャツの生地の色は、いろいろなカラーから購入者が自由に選択ができる仕様になっています。

ですので、写真は、どれも一例で、実際の生地色は何種類もあります。

 

「ハーグの小さな市(背面ホワイト)」スタンダードTシャツ5.6オンス(クリックで商品ページへ飛べます)

「ハーグの小さな市(背面ホワイト)」プレミアムTシャツ6.2オンス(クリックで商品ページへ飛べます)

■この2つは、上とおなじデザインで、文字がホワイトで入っているものです。

 

ルツェルンの眺め

 

「ルツェルンの眺め」スタンダードTシャツ5.6オンス(クリックで商品ページへ飛べます)

「ルツェルンの眺め」プレミアムTシャツ6.2オンス(クリックで商品ページへ飛べます)

 

■メンデルスゾーンがスイスの風光明媚なルツェルンを描いた水彩画をモチーフにしています。ルツェルンは、世界的音楽祭が開かれることでもたいへん有名です。

 

「ルツェルンの眺め(背面ホワイト)」スタンダードTシャツ5.6オンス(クリックで商品ページへ飛べます)

 

「ルツェルンの眺め(背面ホワイト)」プレミアムTシャツ6.2オンス(クリックで商品ページへ飛べます)

■おなじデザインの、ホワイト文字のバージョンもあります。

■絵筆のイラストを添えています。

 

デザインについて

 

■今回のものは、どれも使いやすいバックプリントにしています。

プリントTシャツに抵抗のある方も、オモテは無地なので、背面プリントは使いやすいと思います。

 

■音楽仲間との語らいのとき、ひとりで、あるいは仲間と楽器を練習するときなど、音楽の時間をより楽しくする一助になればうれしいです

 

 

販売先はTシャツトリニティというサイト

 

 

■販売先のページはこのようになっていて(PCでみた場合)、Tシャツにかぎらずバッグ類もふくめ、それぞれのアイテムについて、購入者がベース生地の色をさまざまに選べるような仕組みになっています。

カラーをタップすることでシュミレーションができます。

 

■価格については、およそ2~3千円で設定していますが、生地の色、インクの種類、サイズによって価格がかわりますので、それぞれのページでご確認ください。

※Tシャツのサイズやトートバッグのサイズについても、販売サイトのほうに詳しく書かれています。

 

■また、この販売サイト「Tシャツトリニティ」では、500~1000円ほどの値引きセールがわりと頻繁に行われます

「クーポンセール」「週末セール」などがおこなわれていて、値引きが行われていない期間のほうが少ないです。

是非、セール中を利用してお得に手にしてください。

■「メール便なら全国一律300円、3点以上お買い上げで送料無料」というのも、ありがたい販売サイトです。

 

■Tシャツトリニティさんのサイト内に、アートーンショップ ARTONE SHOP (クリックでお店のページにとべます)という名前で出店しています。

もちろん、買っていただけるといちばん嬉しいですが、のぞいていただくだけでも「アクセス数」が励みになります。

どうぞよろしくお願いします!

 

♪これまでのほかのリリースについては「クラシックのTシャツ&バッグ制作」のコーナーからご覧いただけます。

 

♫ヴァイオリンが好きな方には、パガニーニのTシャツもお薦めです♫

 

♪お薦めのクラシックコンサートを「コンサートに行こう!お薦め演奏会」のページでご紹介しています。

判断基準はあくまで主観。これまでに実際に聴いた体験などを参考に選んでいます。

 

♪実際に聴きに行ったコンサートのなかから、特に印象深かったものについては、「コンサートレビュー♫私の音楽日記」でレビューをつづっています。コンサート選びの参考になればうれしいです。

 

初めて日本に姿をみせた英国の弦楽四重奏団~エリアス弦楽四重奏団を聴く前のページ

東京に新しいオーケストラ~パシフィックフィルハーモニア東京の英国音楽プログラム次のページ

ピックアップ記事

  1. クラシック音楽をサブスク(月額定額)で楽しむ方法~音楽好きが実際に使ってみました…

関連記事

PR

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

おすすめnote

カテゴリー&検索

月別アーカイブ

最近の記事

  1. エッセイ&特集、らじお

    なぜポニョが来ると世界は水浸しになるのか~クラシック音楽好きが見る『崖の上のポニ…
  2. シリーズ〈オーケストラ入門〉

    【オーケストラ入門】デュカス:交響的スケルツォ『魔法使いの弟子』~小さな試聴室
  3. エッセイ&特集、らじお

    わたしが聴いた小澤征爾~「世界のオザワ」は本当にすごかったのか
  4. エッセイ&特集、らじお

    イギリス最後の偉大な変人ビーチャム~初夏の一日に聴くブラームスの隠れた名演
  5. お薦めの音楽家たち

    仙台フィルの公演から~わたしのおすすめクラシック・コンサート
PAGE TOP