クラシックのTシャツ&バッグ制作

【クラシック音楽のTシャツをつくる】ブルックナー、ブラームス、ベルリオーズを追加

 

ジャズをテーマにしたTシャツは最近とても増えたのに、クラシック音楽のTシャツはぜんぜん増えない。

だったら、自分で増やしていこう」ということで、クラシック音楽にまつわるオリジナルTシャツを制作・リリースしています!

 

今回は、これまでも取り上げたブルックナー、ブラームス、ベルリオーズに、それぞれ新作を追加しました。

 

オルガンを弾くブルックナー

 

オルガンを弾くブルックナーのシルエットに、彼の交響曲の調性や表題の文字、それを祝福する天使をテーマにしました。

 

同じデザインで、背面プリントバージョンもあります。

それから、ホワイト・プリントも。

ホワイト・プリントのデザインも、背面プリントのものがあります。

こちらの販売サイトでは、購入する方が生地色を選べる仕組みになっていますので、同じホワイトプリント&バックプリントでも、生地色はいろいろなものから選ぶことができます。

それから、季節的に秋冬が近づいてきますので、そろそろ長袖Tシャツも同時にリリースしていくことにしました。

 

 

 

 

ベルリオーズとパリの日の出

 

ベルリオーズの代表作、幻想交響曲をテーマにしたものです。

文字は《幻想交響曲》のフランス語題、それから、楽章ごとの表題を入れています。

パリの日の出を背に、魔女が去っていくイメージです。

背面プリント・バージョンもあります。

そして、ホワイト・プリントのバージョンもあります。

さらには、それの背面プリント版。

 

こちらにも、長袖バージョンを追加してあります。

こちらも、Tシャツの生地色はさまざまなカラーから選択できるようになっています。

 

 

 

 

ブラームスはブラームスの王道を行く

 

こちらは、以前、同じようなデザインのものをリリースしていて、今回は、その文字とシルエットの配置を前回と逆にしたバージョンです。

 

こちらも、背面プリント版があります。

そして、長袖Tシャツも。

そして、長袖の背面プリント版もあります。

ブラームスは、後ろ姿もとっても孤高です。

 

 

 

販売先はTシャツトリニティというサイト

 

 

販売先のページはこのようになっていて、Tシャツにかぎらずバッグ類もふくめ、それぞれのアイテムについて、購入者がベース生地の色をさまざまに選べるような仕組みになっています。

 

これまでに、2022年は、第1段はパガニーニの『24のカプリース』、第2弾が吹奏楽の楽器を特集した楽器シリーズ、第3弾がベートーヴェンの《運命》と《田園》、第4弾はブラームス、第5弾はショパンとシューマン、第6弾はベルリオーズの幻想交響曲で、第6弾としてブラームスの交響曲全集、そして、前回は第7弾としてメンデルスゾーンの「展覧会の絵」、第8弾はブルックナー、そして、前回の第9弾が「メンデルスゾーンふたたび!」ということで、メンデルスゾーンの水彩画をモチーフとしたものをご紹介しました。

 

 

 

※これまでリリースしたものにつきましても、順次、「長袖」バージョンを追加していきます。

 

価格については、およそ2~3千円で設定していますが、生地の色、インクの種類、サイズによって価格がかわりますので、それぞれのページでご確認ください。

また、500~1000円ほどの値引きセールがわりと頻繁に行われるサイトです。

夏はセールが多いようなので、是非のぞいてみてください。

 

Tシャツトリニティというサイト内に、アートーンショップ( ARTONE SHOP ・ 販売ページ)という名前で出店しています。

 

アイテム数が多くなってきましたので、「ちょっとさがしづらいな‥」というときは、商品ページ一覧の画面、下の画像の右の青い矢印の位置に、「デザインでみる」というボタンがありますので、そちらをクリックしていただくと、デザインだけが一覧表示されて見つけやすいです。

 

 

というわけで、もちろん、買っていただけるといちばん嬉しいですが、のぞいていただくだけでも「アクセス数」が励みになります。

どうぞよろしくお願いします!

 

 

 

【オーケストラ入門】夏の一日に聴きたい名曲アルバム~英国の名物指揮者ビーチャムの小品集前のページ

【オーケストラ入門】コダーイ:ハンガリー民謡「孔雀は飛んだ」による変奏曲~小さな試聴室次のページ

ピックアップ記事

  1. クラシック音楽をオンライン(サブスク定額制)で楽しむ~音楽好きが実際に使ってみま…

関連記事

おすすめnote

カテゴリー&検索

月別アーカイブ

最近の記事

  1. エッセイ&特集

    まるまる試聴させちゃうYouTube配信~Belle Ame(ベルアーム)の新し…
  2. コンサートレビュー♫私の音楽日記

    リッカルド・ムーティ指揮ウィーン・フィルハーモニーの来日公演2021を聴いて
  3. コンサートに行こう!お薦め演奏会

    2023年1月のおすすめコンサート【 クラシック初心者向け 】~随時更新~
  4. クラシックのTシャツ&バッグ制作

    Tシャツ、トートバッグに新作追加しました!パガニーニ:24のカプリース
  5. シリーズ〈オーケストラ入門〉

    【オーケストラ入門】デュカス:交響的スケルツォ『魔法使いの弟子』~小さな試聴室
PAGE TOP