オリジナル・グッズ

【クラシック音楽のTシャツ制作】メンデルスゾーンの「展覧会の絵」をリリース

 

世の中には、クラシック音楽をあつかったTシャツがあまりに少ない。

だったら、自分でデザインしてリリースしようという企画を実行中です。

 

2022年は、第1段はパガニーニの『24のカプリース』、第2弾が吹奏楽の楽器を特集した楽器シリーズ、第3弾がベートーヴェンの《運命》と《田園》、第4弾はブラームス、第5弾はショパンとシューマン、第6弾はベルリオーズの幻想交響曲で、先日、第6弾としてブラームスの交響曲全集を追加しました。

そして、今回は第7弾、メンデルスゾーンの「展覧会の絵」です。

ミスではありません。“ メンデルスゾーンの ”展覧会の絵なんです。

 

おいおい、《展覧会の絵》の作曲はムソルグスキーだぞって思った方、その通りです。

ですが、今回は、メンデルスゾーンの絵画をテーマにしたので、こうした題名になっています。

そう、メンデルスゾーンは作曲だけでなく、絵の分野でも達人だった芸術家でした。

 

メンデルスゾーンの絵画をただ載せるだけでは芸がないと思いましたので、あえて、ムソルグスキーの展覧会の絵の英語題、Pictures at an Exhibition をデザインに引用してみました。

 

ルツェルンの眺め

さきほどご紹介したとおり、作曲家メンデルスゾーンは、実は絵画の達人でもあって、とっても美しい水彩画などを残しています。

こちらは、風光明媚なスイス、ルツェルンの湖を描いたもの。

よくCDのジャケットなどでさりげなく使用されていますので、もしかしたら、メンデルスゾーンの描いたものとは知らずに見ていたりするかもしれません。

すべてのデザインにPictures at an Exhibitionという題字、それからメンデルスゾーンの絵の説明や題名を、英語やドイツ語で入れてあります。

また、その字をブラックでいれたものと、ホワイトで入れたものの2種類があります。

 

ハーグのちいさな市

こちらは、オランダのハーグのちいさな市を描いたもの。

落ち着いた色彩。

これらのTシャツを販売しているTシャツトリニティというサイトでは、ベースのTシャツの色を自由に選べるようになっていますので、写真はあくまでそれぞれの一例です。

聖トーマス教会のスケッチ

こちらは、バッハが活躍した聖トーマス教会をメンデルスゾーンがスケッチしたものです。

メンデルスゾーンは20歳の若さで、当時忘れられていたバッハの傑作《マタイ受難曲》の復活上演を実現していて、バッハとも縁のふかい音楽家です。

その復活上演のときには、当時32歳くらいの詩人ハイネも聴きに来ていたそうです。

 

販売先はTシャツトリニティ

 

販売先のページはこのようになっていて、Tシャツにかぎらずバッグ類もふくめ、それぞれのアイテムについて、購入者がベース生地の色をさまざまに選べるような仕組みになっています。

価格については、およそ2~3千円で設定していますが、生地の色、インクの種類、サイズによって価格がかわりますので、それぞれのページでご確認ください。

また、500~1000円ほどの値引きセールがわりと頻繁に行われるサイトです。

特にセールの多い週末にのぞいてみてください。

 

Tシャツトリニティというサイト内に、アートーンショップ( ARTONE SHOP ・ 販売ページ)という名前で出店しています。

 

アイテム数が多くなってきましたので、「ちょっとさがしづらいな‥」というときは、下の画面の右の青い矢印の位置に、「デザインでみる」というボタンがありますので、そちらをクリックしていただくと、デザインだけが一覧表示されます。

 

というわけで、もちろん、買っていただけるといちばん嬉しいですが、のぞいていただくだけでも「アクセス数」が励みになります。

どうぞよろしくお願いします!

 

 

【クラシック音楽のTシャツ制作】ブラームス:交響曲全集をTシャツで実現してみました前のページ

【交響曲100の物語】メンデルスゾーン:交響曲第5番ニ長調Op107《宗教改革》~小さな試聴室次のページ

ピックアップ記事

  1. クラシック音楽をオンライン(サブスク定額制)で楽しむ~音楽好きが実際に使ってみま…

関連記事

おすすめnote

カテゴリー&検索

月別アーカイブ

最近の記事

  1. ジャンル〈ピアノ・器楽曲〉

    クリスチャン・ツィメルマン ピアノ・リサイタル2021日本公演を聴いて
  2. シリーズ〈交響曲100の物語〉

    【交響曲100の物語】シューベルト:交響曲第8番ハ長調D944《ザ・グレイト》~…
  3. シリーズ〈オーケストラ入門〉

    【オーケストラ入門】メンデルスゾーン:劇音楽『真夏の夜の夢』~小さな試聴室
  4. シリーズ〈オーケストラ入門〉

    【オーケストラ入門】ウェーバー:『魔弾の射手』『オベロン』『オイリアンテ』序曲な…
  5. エッセイ&特集

    ロンドン交響楽団のテューバ奏者と名指揮者コリン・デイヴィスの思い出
PAGE TOP