オリジナル・Tシャツ&バッグ制作

ショパンのTシャツをつくりました【クラシック音楽を着よう】

 

クラシック音楽にまつわる、オリジナルのデザインTシャツを制作・販売しています。

 

2023年は、使いやすいバックプリント(背面プリント)を中心にリリースしています。

今回のテーマは、ショパン(Frédéric François Chopin、1810-1849)です。

 

Tシャツトリニティというサイト内に、アートーンショップ ARTONE SHOP (クリックでお店のページへとべます)という名前で出店しています。

 

 

ショパンと花束 mono

 

 

「ショパンと花束」スタンダードTシャツ、5,6オンス(クリックで販売ページへ飛べます)

 

ショパンの名前(フルネーム)をおしだしたデザインにしています。

名前のしたの帯状のラインは、ピアノの鍵盤をイメージしました。

その下に、敬愛するショパンへの花束を添えました。

 

販売先サイトでは、生地の厚さによって2種類の半袖Tシャツを展開しています。

スタンダードTシャツというのが5.6オンス、プレミアムTシャツというのが6.2オンスです。

簡単にいうと、「プレミアム」のほうが厚手の生地になっています。

 

「ショパンと花束」プレミアムTシャツ6.2オンス(クリックで販売ページへ飛べます)

 

販売先のサイトでは、Tシャツの生地の色を、購入者が複数のカラーから自由に選べるようになっています。

ですので、こちらに掲載している画像は、どれも色は一例です。

 

ショパンと花束 ホワイト

 

「ショパンと花束」スタンダードTシャツ5.6オンス(クリックで販売ページへ飛べます)

 

こちらは、上と同じデザインですが、文字やデザインをホワイト字にしています。

黒よりも爽やかな印象になると思います。

 

「ショパンと花束」プレミアムTシャツ6.2オンス(クリックで販売ページへ飛べます)

 

Tシャツの生地をピンクやブルーでなく、たとえばブラックなどの暗い色にすると、ひきしまったデザインに一変します。

TPOにあわせて、使いやすい生地色を選んでみてください。

 

トートバッグもあります

 

「ショパンと花束」配色トートバッグ(クリックで販売ページへ飛べます)

 

 

「ショパンと花束 ホワイト」トートバッグ(クリックで販売ページへ飛べます)

 

それぞれのデザインでトートバッグも販売しています。

いずれも「M」サイズということになっています(サイズ詳細は販売先でご確認ください)。

 

トートバッグも生地カラーが複数、用意されていますので、お好きな色の組み合わせを選んでみてください。

 

デザインの特徴

 

作曲家の顔をドーンと載せたようなTシャツというのは、たまに見かけます。

わたしは、そこまでのデザインを着こなす自信がないので、、もう少しだけ控えめな、ある程度よく見ないとクラシック音楽関連とはわからないようなデザインのものがいいと思って、そうしたものを目指しています。

 

今回はショパンがテーマですが、顔などはなしで、名前をメインに押し出してみました。

 

TPOに応じて使い分けやすいように、バック(背面)プリントにしてあります。

つまり、オモテは無地です。

 

たとえば、ジャケットや何がしかのアウターなどを羽織ってしまえば、ただのTシャツにしか見えません。

目的のお店や場所に着いて、気心の知れた音楽仲間と過ごす時間だけ、Tシャツを見えるように出す、というのも楽しみ方だと思います。

 

ジャズにはこうしたTシャツがユニクロで出るくらい充実していますから、クラシック音楽だって、多少はあっていいのではないか、と思って自主制作しています!

 

 

販売先はTシャツトリニティというサイト

 

 

販売先のページはこのようになっていて(PCでみた場合)、Tシャツにかぎらずバッグ類もふくめ、それぞれのアイテムについて、購入者がベース生地の色をさまざまに選べるような仕組みになっています。

カラーをタップすることでシュミレーションができます。

 

価格については、およそ2~3千円で設定していますが、生地の色、インクの種類、サイズによって価格がかわりますので、それぞれのページでご確認ください。

※Tシャツのサイズやトートバッグのサイズについても、販売サイトのほうに詳しく書かれています。

 

また、この販売サイト「Tシャツトリニティ」では、500~1000円ほどの値引きセールがわりと頻繁に行われます

「クーポンセール」「週末セール」などがおこなわれていて、値引きが行われていない期間のほうが少ないです。

是非、セール中を利用してお得に手にしてください。

メール便なら全国一律300円、3点以上お買い上げで送料無料」というのも、ありがたい販売サイトです。

 

Tシャツトリニティさんのサイト内に、アートーンショップ ARTONE SHOP (クリックでお店のページにとべます)という名前で出店しています。

もちろん、買っていただけるといちばん嬉しいですが、のぞいていただくだけでも「アクセス数」が励みになります。

どうぞよろしくお願いします!

 

♪これまでのほかのリリースについては「クラシックのTシャツ&バッグ制作」のコーナーからご覧いただけます。

 

♫画家の腕前も持っていた作曲家メンデルスゾーン。彼が描いた風景画をモチーフにしたTシャツもリリースしています♫

 

こんな凄いラフマニノフ、次はいつ聴けるだろうか~東京フィル定期演奏会前のページ

リスクを取る!ジョナサン・ノット指揮のマーラー:6番「悲劇的」を聴いて~東京交響楽団演奏会次のページ

ピックアップ記事

  1. クラシック音楽をサブスク(月額定額)で楽しむ方法~音楽好きが実際に使ってみました…

関連記事

PR

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

おすすめnote

カテゴリー&検索

月別アーカイブ

最近の記事

  1. シリーズ〈交響曲100の物語〉

    【初心者向け:交響曲100の物語】ベートーヴェン:交響曲第3番変ホ長調『英雄』
  2. コンサートレビュー♫私の音楽日記

    日本フィルに新しい風が吹いていました~カーチュン・ウォンの伊福部&バルトーク
  3. シリーズ〈オーケストラ入門〉

    ウィーン・フィル・ニューイヤー・コンサートの指揮者たち~小さな試聴室
  4. シリーズ〈交響曲100の物語〉

    【初心者向け:交響曲100の物語】ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調Op92
  5. シリーズ〈小澤征爾さんで知る〉

    小澤征爾さんで知る&聴く大作曲家50人【18】R・シュトラウス~クラシック入門
PAGE TOP