お薦めの音楽家たち

広響=広島交響楽団の公演から~わたしのおすすめクラシック・コンサート

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

 

2024年のシーズンから、広島交響楽団はクリスティアン・アルミンクを音楽監督にむかえ、あたらしい時代をスタートさせます。

新音楽監督アルミンク

クリスティアン・アルミンクは、1971年ウィーン生まれ。

コンサート・プログラムのアイディアがとても秀逸な指揮者です。

created by Rinker
Avex Classics
¥1,818 (2024/06/20 23:12:41時点 Amazon調べ-詳細)

 

2003年~2013年に新日本フィルハーモニー交響楽団の音楽監督をつとめたときもそうでしたが、広島交響楽団とのコンビでもシーズン・テーマを掲げていくようです。

2024年シーズンは「SECRETSー音楽の不思議」

そのほか「ふたりのウォルフガング」というテーマで、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart、1756-1791)とエーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルト(1897-1957)の作品を対比させるシリーズも展開するそうです。

 

広島交響楽団は、近年、下野竜也さんの指揮でかなり凝ったプログラムを展開していました。

新音楽監督アルミンクへのつながりは、そうした点でも強固なものになるはずです。

 

楽団公式サイト:
http://hirokyo.or.jp/

 

広島交響楽団おすすめ公演

 

(広島)2/3
広上淳一 指揮
広島交響楽団

2/3(土)15:00
@広島国際会議場フェニックスホール
公式サイト:
http://hirokyo.or.jp/concert/list/20703.html

シューベルト:
「ロザムンデ」 序曲

チャイコフスキー:
ロココの主題による変奏曲
Vc:鳥羽咲音

シューマン:
交響曲第3番変ホ長調「ライン」
♫ 鑑賞ガイド

お薦めPOINT♪

■広上淳一さんの指揮で、ポピュラーな作品がならんだコンサートです。

「むずかしい曲は嫌」というひとにもお薦めの公演。

■いずれの作品でも、広上淳一さんならではの躍動感あふれる音楽が展開されるはずです。

 

 

 

(広島)3/2
クリスティアン・アルミンク指揮
広島交響楽団

3/2(土)15:00
@広島文化学園HBGホール
楽団ホームページ:
http://hirokyo.or.jp/

スメタナ:
連作交響詩「わが祖国」

お薦めPOINT♪

■チェコの作曲家スメタナ(Bedřich Smetana、1824-1884)は、2024年が生誕200年

このコンサートが行われる3月2日はちょうどスメタナの誕生日です。

■まさにそんな日にふさわしい、交響詩「モルダウ」を第2曲に持つ、スメタナの代表作である連作交響詩「わが祖国」全曲が演奏されます。

■指揮のクリスチャン・アルミンクは、若き日に「プラハの春音楽祭」オープニング・コンサートで「わが祖国」全曲演奏をしたこともあるので期待されます。

 

 

(広島・東京)3/8・10
広島交響楽団
下野竜也音楽総監督ファイナル
&広響創立60周年記念公演

3/8(金)18:45
@広島文化学園HBGホール
楽団ホームページ:
http://hirokyo.or.jp/

3/10(日)15:00
@すみだトリフォニー
公式サイト:
http://hirokyo.or.jp/concert/list/20681.html

細川俊夫:
セレモニー ― フルートとオーケストラのための
フルート:上野由恵

ブルックナー(生誕200周年):
交響曲第8番ハ短調(ハース版)

お薦めPOINT♪

■広島交響楽団を率いてきた下野竜也さんの「ファイナル」公演。

■ブルックナーの交響曲第8番は、下野竜也さんが広島交響楽団の音楽監督就任公演で指揮したのと同じ曲。

始まりに終わりが、終わりに始まりがある、まさにブルックナーの音楽のような選曲にうならされます。

created by Rinker
¥2,742 (2024/06/20 23:12:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

(広島)4/13
クリスチャン・アルミンク指揮
広島交響楽団

4/13(土)15:00
@広島文化学園HBGホール
楽団ホームページ:
http://hirokyo.or.jp/

ベートーヴェン:
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調作品73「皇帝」
piano:ティル・フェルナー

R・シュトラウス(生誕160年):
アルプス交響曲作品64

お薦めPOINT♪

アルミンクの音楽監督就任披露コンサート

■フェルナーを独奏にむかえてベートーヴェンの「皇帝」、さらに、R・シュトラウスの「アルプス交響曲」。

まさに祝祭的なプログラム

■選曲もわかりやすく、万人にお薦めの注目公演です。

 

 

(広島)4/20
クリスティアン・アルミンク指揮
広島交響楽団

4/20(土)15:00
@はつかいち文化ホール
ウッドワンさくらぴあ
楽団ホームページ:
http://hirokyo.or.jp/

モーツァルト:
ピアノ協奏曲第27番変ロ長調 K.595
ピアノ:萩原麻未

ブルックナー(生誕200周年):
交響曲第4番変ホ長調 「ロマンティック」(ノーヴァク版)

お薦めPOINT♪

■2024年はアントン・ブルックナー(Anton Bruckner, 1824-1896)の生誕200年。

ブルックナーの傑作「ロマンティック」をアルミンクがどう指揮するのか、注目です。

 

 

(島根)4/27
クリスティアン・アルミンク指揮
広島交響楽団

4/27(土)14:00
@松江市総合文化センタープラバホール
楽団ホームページ:
http://hirokyo.or.jp/

J.S.バッハ:
トッカータとフーガ ニ短調
主よ、人の望みの喜びを
※上記2曲はオルガン独奏

ドヴォルザーク(没後120年):
序曲「謝肉祭」作品92

ドヴォルザーク:
チェロ協奏曲ロ短調作品104(B.191)
チェロ:横坂源

ヤナーチェク(生誕170年):
狂詩曲「タラス・ブーリバ」

オルガン:室住素子

お薦めPOINT♪

■「松江市プラバホール・リニューアルオープン記念」ということで、オルガンにも焦点があてられたプログラム

■アルミンクは、若き日にヤナーチェク・フィルの指揮者をつとめています。

ヤナーチェク(Leoš Janáček、1854-1928)の代表作「タラス・ブーリバ」をメインディッシュにした、アルミンクらしいプログラム。

( Apple Music↑ ・ Amazon Music ・ Spotify ・ Line Music などで聴けます)

 

 

(広島)5/12
クリスチャン・アルミンク指揮
マルタ・アルゲリッチpiano
広島交響楽団

5/12(日)15:00
@広島文化学園HBGホール
楽団ホームページ:
http://hirokyo.or.jp/

《ウクライナに捧げる、祈りのアダージョとアルゲリッチのプロコフィエフ3番》

アレクサンドル・ゴノボリン:
弦楽のためのアダージョ(日本初演)

マーラー:
交響曲第10番嬰ヘ長調「アダージョ」

プロコフィエフ:
ピアノ協奏曲第3番ハ長調作品26
piano,マルタ・アルゲリッチ

お薦めPOINT♪

■何といっても、ピアノ独奏がマルタ・アルゲリッチです。

少し前に実演を聴きましたが、1941年生まれとは思えない、今もアルゲリッチは「ピアノの女王」です。

■「アルゲリッチがプロコフィエフのピアノ協奏曲第3番を弾く」、それだけで十分です。

■チケットは争奪戦でしょうが、その価値のある公演になるはずです。

 

 

 

(広島)5/31
徳永二男 指揮
ギドン・クレーメルVn
広島交響楽団

5/31(金)18:45
@広島文化学園HBGホール
楽団ホームページ:
http://hirokyo.or.jp/

ブラームス:
大学祝典序曲

シューマン:
チェロ協奏曲イ短調作品129
(ヴァイオリン版)

ブラームス:
交響曲第3番ヘ長調作品90

お薦めPOINT♪

■何といっても、ヴァイオリン独奏がギドン・クレーメルです。

とにかく、このひとの“ 音 ”を聴くことは千金に値します。

作品によって演奏スタイルが千変万化しますが、とてもマイクでは拾いきれない、信じられないような音をヴァイオリンから引き出します。

■クレーメルの選曲が凝っていて、シューマンの傑作「チェロ協奏曲」のヴァイオリン版。

大注目です。

 

 

(広島)7/26
クリスティアン・アルミンク指揮
広島交響楽団

7 /26(金)18:45
@JMSアステールプラザ 大ホール
楽団ホームページ:
http://hirokyo.or.jp/

《ふたりのウォルフガング》

モーツァルト:
交響曲ニ短調 K.111/120(111a)

モーツァルト:
ヴァイオリン協奏曲第3番ト長調 K.216
Vn, 北田千尋(広響コンサートマスター)

コルンゴルト:
ベビー・セレナーデ作品24

お薦めPOINT♪

■アルミンクらしいプログラム。

「ふたりのウォルフガング」をテーマに、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart、1756-1791)とエーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルト(1897-1957)の作品が対比されます。

 

 

(広島)8/6
クリスティアン・アルミンク指揮
広島交響楽団

8/6(火)18:45
@広島文化学園HBGホール
楽団ホームページ:
http://hirokyo.or.jp/

マーラー:
交響曲第2番ハ短調「復活」

Soprano, 並河寿美
Mezzo Soprano, 藤村実穂子
Chorus, 東京オペラシンガーズ

お薦めPOINT♪

2024「平和の夕べ」コンサートでは、マーラー:交響曲第2番「復活」アルミンクが指揮します。

■世界的メゾ・ソプラノの藤村美穂子さんがソリストに加わっていて、アルミンクの広響1年目はとことん豪華なソリストの競演になっています。

 

 

お願い

 

ウクライナ情勢などの影響で、コンサートの日時、チケット発売日、曲目や出演者の変更などなど、いろいろな変更が日々発生しているのが現状で、個人ではとても追い切れないものがあります。

ですので、こちらのページはあくまで大まかな地図としてお役立ていただいて、詳細は各公式サイト・各プレイガイドで必ず確認をお願いします

個人で集めている情報ですので、記載ミスなどもあるかもしれません。その際にはどうぞご容赦ください。

 

 

♪このブログではオンライン配信の音源も積極的にご紹介しています。

オンライン配信の聴き方については、「クラシック音楽をオンライン(サブスク定額制)で楽しむ~音楽好きが実際に使ってみました~」のページでご紹介しています。

 

♪お薦めのクラシックコンサートを「コンサートに行こう!お薦め演奏会」のページでご紹介しています。

判断基準はあくまで主観。これまでに実際に聴いた体験などを参考に選んでいます。

 

♪実際に聴きに行ったコンサートのなかから、特に印象深かったものについては、「コンサートレビュー♫私の音楽日記」でレビューをつづっています。コンサート選びの参考になればうれしいです。

 

 

♪クラシック音楽にまつわるTシャツ&トートバッグをTシャツトリニティというサイト(クリックでリンク先へ飛べます)で販売中です。

 

 

 

 

2024年2月のおすすめコンサート【クラシック初心者向け】~随時更新~前のページ

スダーン&東京交響楽団のシューマンとブラームス~2023年12月定期演奏会次のページ

ピックアップ記事

  1. クラシック音楽をサブスク(月額定額)で楽しむ方法~音楽好きが実際に使ってみました…

関連記事

  1. お薦めの音楽家たち

    ジョナサン・ノット2026年3月で東響音楽監督を退任

    ※当サイトはアフィリエイトを利用しています  東京…

  2. お薦めの音楽家たち

    仙台フィルの公演から~わたしのおすすめクラシック・コンサート

    ※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています&nbs…

PR

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

おすすめnote

カテゴリー&検索

月別アーカイブ

最近の記事

  1. オリジナル・Tシャツ&バッグ制作

    Tシャツ・バッグ 新作を追加~ハイドンの「くま」とドヴォルザーク:「アメリカ」
  2. エッセイ&特集、らじお

    NHK-FMラジオの歩き方:クラシック番組もついに「聴き逃し」対応に!【喜びの追…
  3. オリジナル・Tシャツ&バッグ制作

    パガニーニのTシャツをつくりました【クラシック音楽を着よう】
  4. シリーズ〈オーケストラ入門〉

    【オーケストラ入門】ドヴォルザーク:『スラヴ舞曲集』第1集・第2集~小さな試聴室…
  5. シリーズ〈交響曲100の物語〉

    メンデルスゾーン:交響曲第3番イ短調「スコットランド」【交響曲100の物語】~小…
PAGE TOP