シリーズ〈小澤征爾さんで知る〉

小澤征爾さんで知る&聴く大作曲家50人【8】メンデルスゾーン~クラシック入門

※当サイトはアフィリエイトを利用しています

 

日本のクラシック音楽をけん引した「世界のオザワ」こと、指揮者の小澤征爾(おざわ・せいじ、1935-2024)さん。

このシリーズでは、小澤征爾さんの録音で50人の作曲家にふれながら、クラシック音楽の歴史を旅します。

この機会に「クラシック音楽を聴いてみよう」という方向け、クラシック入門シリーズです。

シリーズ一覧はこちらのページで確認できます。

フェリックス・メンデルスゾーン

 

フェリックス・メンデルスゾーン・バルトルディ

 

「結婚行進曲」で有名なフェリックス・メンデルスゾーン・バルトルディ(Felix Mendelssohn Bartholdy1809-1847)は、ロマン派を代表する作曲家のひとり。

祖父が有名な哲学者、父親は銀行家という、恵まれた環境で育ちました。

 

メンデルスゾーンはいわゆる早熟の天才。

10代はじめのころには、文豪ゲーテが絶賛するほどの神童でした。

現在も世界中で演奏されている「弦楽八重奏曲」や「真夏の夜の夢」序曲は、16歳のころの作品。

バッハの「マタイ受難曲」を復活初演し、忘れ去られていたバッハの再評価を世に問うたのも、若干20歳のときでした。

 

音の一流画家

 

メンデルスゾーンの作品は、旋律線が優美で、親しみやすい傑作が多いです。

 

また、細かな音符がたわむれる、妖精を描写するような音楽も得意でした。

そうしたものは「真夏の夜の夢」や「弦楽八重奏曲」の“ スケルツォ ”で聴くことができます。

 

さらに、絵の腕前も一流だったメンデルスゾーン。

「フィンガルの洞窟」、交響曲第4番「イタリア」、交響曲第3番「スコットランド」といった、聴き手に情景を思い起こさせるような傑作が多いのも特徴です。

 

 

再評価の途中

 

メンデルスゾーンは、さまざまなジャンルに多くの傑作を残している大作曲家ですが、やや小さな作曲家のような扱いを受けることがあります。

 

これは、彼がユダヤ人であり、とりわけ、ナチス・ドイツの時代に演奏が禁止されるなどの歴史を経験したためです。

これほどの大作曲家であるのに、数十年前まで、限られた作品の楽譜しか出版されていない状況でした。

 

メンデルスゾーンは、現在も、その再評価が進んでいる途中の大作曲家です。

 

小澤征爾さんで聴くメンデルスゾーン

 

(1)ヴァイオリン協奏曲 ホ短調

 

「ヴァイオリン協奏曲 ホ短調」は、メンデルスゾーンの旋律の美しさが、はっきりとわかる1曲。

冒頭の旋律は、だれもがどこかで耳にしたことのあるメロディーのはずです。

 

ウクライナ出身の大ヴァイオリニスト、アイザック・スターン(Isaac Stern、1920-2001)が、小澤征爾さん&ボストン交響楽団と共演した録音でどうぞ。

 

( Apple Music↑ ・ Amazon Music ・ Spotify ・ Line Music などで聴けます)

 

(2)結婚行進曲~「真夏の夜の夢」

 

メンデルスゾーンの作品のなかで、もっとも知られているのは、やはりこの「結婚行進曲」でしょう。

シェイクスピアの戯曲「真夏の夜の夢」につけられた劇付随音楽のなかの1曲。

➡【オーケストラ入門】メンデルスゾーン:劇音楽『真夏の夜の夢』~小さな試聴室

 

「真夏の夜の夢」は、メンデルスゾーンの美点が凝縮されたような傑作で、妖精が舞うような“ スケルツォ ”、ロマン派の真骨頂のような“ 夜想曲 ”など、聴きどころ満載の作品です。

 

( Apple Music↑ ・ Amazon Music ・ Spotify ・ Line Music などで聴けます)

 

この作品は、劇付随音楽なので「語り」がつけられることが多いです。

小澤征爾さんの日本版CDは、吉永小百合さんのナレーションがつく豪華版になっています。

created by Rinker
Universal Music
¥1,482 (2024/04/14 16:13:53時点 Amazon調べ-詳細)

 

オンライン配信の聴き方

 

♪このブログではオンライン配信の音源も積極的にご紹介しています。

 

現状、Apple Music アップル・ミュージックがいちばんおすすめのサブスクです。

Apple Music Classical日本版が解禁!クラシック音楽に特化~弱点もちょっとあります

AppleMusicでクラシック音楽のサブスクを~スマホは音の図書館

 

Amazon Musicアマゾン・ミュージックも配信されている音源の量が多く、お薦めできます。

Amazonでクラシック音楽のサブスクを~スマホは音の図書館

 

 

■オンライン配信の聴き方全般については、「クラシック音楽をオンライン(サブスク定額制)で楽しむ~音楽好きが実際に使ってみました~」のページでご紹介しています。

 

 

 

お薦めのクラシックコンサートを「コンサートに行こう!お薦め演奏会」のページでご紹介しています。

判断基準はあくまで主観。これまでに実際に聴いた体験などを参考に選んでいます。

 

♪実際に聴きに行ったコンサートのなかから、特に印象深かったものについては、「コンサートレビュー♫私の音楽日記」でレビューをつづっています。コンサート選びの参考になればうれしいです。

 

クラシック音楽にまつわるTシャツ&トートバッグTシャツトリニティというサイト(クリックでリンク先へ飛べます)で販売中です。

 

 

 

小澤征爾さんで知る&聴く大作曲家50人【7】シューベルト~クラシック入門前のページ

小澤征爾さんで知る&聴く大作曲家50人【9】シューマン~クラシック入門次のページ

ピックアップ記事

  1. クラシック音楽をサブスク(月額定額)で楽しむ方法~音楽好きが実際に使ってみました…

関連記事

PR

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

おすすめnote

カテゴリー&検索

月別アーカイブ

最近の記事

  1. シリーズ〈小澤征爾さんで知る〉

    小澤征爾さんで知る&聴く大作曲家50人【3】ヘンデル~クラシック入門
  2. シリーズ〈交響曲100の物語〉

    【初心者向け:交響曲100の物語】モーツァルト:交響曲第35番ニ長調『ハフナー』…
  3. コンサートレビュー♫私の音楽日記

    ジョナサン・ノットと東京交響楽団の「第九」2021、そしてスイス・ロマンドとの「…
  4. シリーズ〈交響曲100の物語〉

    【初心者向け:交響曲100の物語】モーツァルト:交響曲第29番 イ長調 K.20…
  5. お薦めの音楽家たち

    オーボエ奏者シェレンベルガー来日公演2024~わたしのおすすめクラシック・コンサ…
PAGE TOP