お薦めの音楽家たち

ミハイル・プレトニョフの公演から~お薦めの現役クラシック・アーティストたち

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

 

 

ミハイル・プレトニョフのこと

 

ミハイル・プレトニョフ(Mikhail Pletnev、1957年4月14日 – )は、ロシア生まれの音楽家。

まず何といっても、現代を代表する世界的ピアニストのひとりです。

 

created by Rinker
¥2,162 (2024/06/20 22:31:39時点 Amazon調べ-詳細)

 

指揮者としても活躍し、1990年には、ロシア・ナショナル管弦楽団を自ら創設しました。

created by Rinker
Dg
¥137 (2024/06/20 22:31:40時点 Amazon調べ-詳細)

 

現在は拠点をスイスに移し、スロヴァキアに新しく「ラフマニノフ国際オーケストラ」を創設しています。

ラフマニノフ国際オーケストラ公式サイト:
https://www.riorchestra.org/

 

日本においては、東京フィルと特別の関係をきずいていて、このブログでは、ジョナサン・ノット&東京交響楽団とならんで、特に推している音楽家です。

東京フィルの公式サイト:
https://www.tpo.or.jp/

ミハイル・プレトニョフおすすめコンサートまとめ

 

2025年
5/23~25(兵庫)
ミハイル・プレトニョフ(指揮)
兵庫芸術文化センター管弦楽団

5/23(金)15:00
@兵庫県立芸術文化センター
公式サイト:https://hpac-orc.jp/season_ticket_24_25/

5/24(土)15:00
@兵庫県立芸術文化センター
公式サイト:

5/25(日)15:00
@兵庫県立芸術文化センター
公式サイト:

オール・チャイコフスキー・プログラム

ヴァイオリン協奏曲ニ長調
Violin,  前田妃奈

バレエ音楽『白鳥の湖』(プレトニョフ特別編集版)

お薦めPOINT♪

■ピアノの巨匠にして名指揮者でもあるミハイル・プレトニョフ

兵庫芸術文化センター管弦楽団の指揮台に登場です。

■何といっても北プレトニョフ編纂のチャイコフスキー:組曲「白鳥の湖」がプログラムされているのがポイント。

2022年に東京フィルでも披露された作品です。

実に素晴らしかったので、その作品がふたたび日本で披露されると思うと喜ばしいです。

この作品を、プレトニョフは新しい手兵「ラフマニノフ国際管弦楽団」と既にレコーディングしていますので、下記のお薦め音源を参考にどうぞ。

プレトニョフのお薦め音源

 

チャイコフスキー:「白鳥の湖」&シチェドリン版「カルメン」

 

( Apple Music↑ ・ Amazon Music ・ Spotify ・ Line Music などで聴けます)

チャイコフスキー:組曲「白鳥の湖」(プレトニョフ編纂)
&シチェドリン: カルメン組曲

ミハイル・プレトニョフ(指揮)
ラフマニノフ国際管弦楽団
2022年8月、スロバキアでの録音

 

2022年に東京フィルとのコンサートで披露されたプログラムそのものです。

ほんとうに素晴らしい公演だったので、もう一度実演で接したいものです。

 

プレトニョフを聴いてのレビューまとめ

 

2024年の公演レビュー

■このシベリウス、どれほどの聴衆が耐えられただろう~プレトニョフ(指揮)東京フィル

 

2023年の公演レビュー

■プレトニョフのチャイコフスキー「マンフレッド交響曲」を聴いて~東京フィル演奏会

 

■こんな凄いラフマニノフ、次はいつ聴けるだろうか~東京フィル定期演奏会

 

2022年の公演レビュー

■プレトニョフの「白鳥の湖」~今、ロシアの指揮者でロシア音楽を聴くということ

 

 

♪このブログではオンライン配信の音源も積極的にご紹介しています。

オンライン配信の聴き方については、「クラシック音楽をオンライン(サブスク定額制)で楽しむ~音楽好きが実際に使ってみました~」のページでご紹介しています。

 

♪お薦めのクラシックコンサートを「コンサートに行こう!お薦め演奏会」のページでご紹介しています。

判断基準はあくまで主観。これまでに実際に聴いた体験などを参考に選んでいます。

 

♪実際に聴きに行ったコンサートのなかから、特に印象深かったものについては、「コンサートレビュー♫私の音楽日記」でレビューをつづっています。コンサート選びの参考になればうれしいです。

 

 

♪クラシック音楽にまつわるTシャツ&トートバッグをTシャツトリニティというサイト(クリックでリンク先へ飛べます)で販売中です。

 

 

小澤征爾さんで知る&聴く大作曲家50人【21】オッフェンバック~クラシック入門前のページ

2023年8月のおすすめコンサート【 クラシック初心者向け 】~随時更新~次のページ

ピックアップ記事

  1. クラシック音楽をサブスク(月額定額)で楽しむ方法~音楽好きが実際に使ってみました…

関連記事

  1. お薦めの音楽家たち

    京響=京都市交響楽団の公演から~わたしのお薦めの音楽家たち

    ※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています&nbs…

  2. お薦めの音楽家たち

    札幌交響楽団の公演から~わたしのお薦めの音楽家たち

    当サイトはアフィリエイト広告を利用しています&nbsp…

  3. お薦めの音楽家たち

    仙台フィルの公演から~わたしのおすすめクラシック・コンサート

    ※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています&nbs…

  4. お薦めの音楽家たち

    神奈川フィルの公演から~わたしのおすすめクラシック・コンサート

    ※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています&nbs…

PR

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

おすすめnote

カテゴリー&検索

月別アーカイブ

最近の記事

  1. シリーズ〈オーケストラ入門〉

    【オーケストラ入門】メンデルスゾーン:劇音楽『真夏の夜の夢』~小さな試聴室
  2. シリーズ〈交響曲100の物語〉

    【初心者向け:交響曲100の物語】ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調Op92
  3. エッセイ&特集、らじお

    【2024年】クラシック音楽サブスクはApple Music Classical…
  4. シリーズ〈オーケストラ入門〉

    【オーケストラ入門】ウェーバー:『魔弾の射手』『オベロン』『オイリアンテ』序曲な…
  5. オリジナル・Tシャツ&バッグ制作

    【クラシック音楽を着よう】音楽が描かれた西洋絵画のTシャツをリリース~『音の絵』…
PAGE TOP