コンサートに行こう!お薦め演奏会

2023年8月のおすすめコンサート【 クラシック初心者向け 】~随時更新~

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

 

本格的なコンサートに行ってみたい!
という方向けに、お薦めの“純”クラシック・コンサートをご紹介しています。

ハズレも多い、クラシックのコンサート。。

自分の体験などをもとに、何の忖度もなく、お薦め公演を選んでいます

 

このページは随時更新。どうぞ、ときおりご覧になってください。

 

 

こちらでは2024年の8月をご紹介。

そのほかの月は、『コンサートに行こう!お薦めの演奏会』ページから移動をおねがいします。

【日付順】おすすめクラシック・コンサート

 

さっそく、お薦めコンサートの一覧です!

 

8/1(北海道)
下野竜也(指揮)札幌交響楽団「スメタナ:わが祖国」

 

8/2(神奈川)
井上道義(指揮)新日本フィルのマーラー:「夜の歌」

created by Rinker
Octavia Exton
¥3,193 (2024/05/19 13:48:14時点 Amazon調べ-詳細)

 

8/6(広島)
クリスチャン・アルミンク(指揮)広島交響楽団「マーラー復活」

 

8/9・10(東京)
ダニエル・ハーディング(指揮)都響「マーラー巨人」

created by Rinker
Dolce&Gabbana(ドルチェ&ガッバーナ)
¥3,300 (2024/05/19 13:48:15時点 Amazon調べ-詳細)

 

8/17(愛知)
西村尚也 無伴奏ヴァイオリン&ヴィオラ・リサイタル

 

8/23・24(京都)
広上淳一(指揮)藤村美穂子(MS)京都市交響楽団「マーラー:3番」

 

8/28(大阪)
尾高忠明(指揮)大阪フィル「モーツァルト40番&ブルックナー2番」

 

8/30(愛知)
山下一史(指揮)愛知室内オーケストラ「ハチャトゥリアン:ヴァイオリン協奏曲(マリンバ版)、シューマン:ライン」

 

8/31(山形)
バボラーク(指揮&ホルン)山形交響楽団「未完成、モーツァルトHr協奏曲、スラヴ舞曲」

 

【TPO別】おすすめクラシック・コンサート

 

名手の演奏にふれる

 

■8/17(愛知)
西村尚也 無伴奏ヴァイオリン&ヴィオラ・リサイタル

現在マインツ・フィルハーモニー管弦楽団の第1コンサートマスターを務めている西村尚也さんのソロ・リサイタル。

昨年はじめて実演を聴きましたが、テクニックはもちろん、音楽のつくり方に至るまで、ドイツのオーケストラがコンサートマスターに迎えるのも当然の名手です。

チラシを見るたびに思うのですが、写真で損をしている気がします。

でも、音楽が好きな人ほど聴きに行くべき名手です。

 

created by Rinker
¥2,200 (2024/05/19 13:48:16時点 Amazon調べ-詳細)

 

実はドイツでコンサートマスター~西村尚也さんを聴く

 

 

■8/31(山形)
バボラーク(指揮&ホルン)山形交響楽団「未完成、モーツァルトHr協奏曲、スラヴ舞曲」

ラデク・バボラークは、チェコ・フィル、ミュンヘン・フィル、ベルリン・フィルの首席ホルンを歴任した、現代屈指のホルン奏者。

日本を活動拠点のひとつにしているようで、山形交響楽団のミュージック・パートナーも務めています。

この公演では、モーツァルトのホルン協奏曲第3番が披露されます。

created by Rinker
Octavia Exton
¥2,589 (2024/05/19 13:48:16時点 Amazon調べ-詳細)

 

記念年の作曲家を聴く

 

■8/1(北海道)
下野竜也(指揮)札幌交響楽団「スメタナ:わが祖国」

2024年はチェコの大作曲家スメタナ(Bedřich Smetana、1824-1884)の生誕200年の記念年。

彼の代表作である交響詩「モルダウ」を第2曲にもつ、連作交響詩「わが祖国」の全曲演奏会がおおく開催されています。

札幌交響楽団は、下野竜也さんとこの作品に挑みます。

実直で、堅実な演奏が聴けるはずです。

 

■8/28(大阪)
尾高忠明(指揮)大阪フィル「モーツァルト40番&ブルックナー2番」

オーストリアの大作曲家ブルックナー(Anton Bruckner, 1824-1896)も、2024年が生誕200年の記念年。

この記念年をいちばん積極的にたたえているのが大阪フィルハーモニー交響楽団。

ブルックナー演奏の大家だった指揮者 朝比奈隆(1908-2001)さんとの歴史がそうさせているのでしょうか。

ここでは、音楽監督の尾高忠明さんの指揮で、近年、演奏される頻度が高まってきている印象の「交響曲第2番」が取り上げられます。

 

created by Rinker
ポニーキャニオン
¥3,513 (2024/05/19 13:48:17時点 Amazon調べ-詳細)

 

やっぱり有名曲が聴きたい

 

■8/1(北海道)
下野竜也(指揮)札幌交響楽団「スメタナ:わが祖国」

スメタナ:「わが祖国」は、第2曲が有名な交響詩「モルダウ」です。

 

■8/31(山形)
バボラーク(指揮&ホルン)山形交響楽団「未完成、モーツァルトHr協奏曲、スラヴ舞曲」

シューベルト:交響曲第7番、いわゆる「未完成交響曲」が前半にプログラムされています。

 

刺激的なコンサートに行きたい

 

■8/30(愛知)
山下一史(指揮)愛知室内オーケストラ「ハチャトゥリアン:ヴァイオリン協奏曲(マリンバ版)、シューマン:ライン」

愛知室内オーケストラは、非常に独創的なプログラムを展開している注目の小編成オーケストラです。

この公演でも、ハチャトゥリアンのヴァイオリン協奏曲をマリンバで演奏するという、非常に興味深いプログラムが組まれています。

 

マーラーの世界にふれる

 

クラシック・ファンでなければ、名前も知らない大作曲家がグスタフ・マーラー(Gustav Mahler, 1860-1911)でしょう。

21世紀になり、多くの指揮者たちにとって、活動の軸がモーツァルトやベートーヴェン、あるいはブラームスやチャイコフスキーなどではなく、マーラーになっているというのが如実にわかる夏のラインナップです。

■8/2(神奈川)
井上道義(指揮)新日本フィルのマーラー:「夜の歌」

■8/6(広島)
クリスチャン・アルミンク(指揮)広島交響楽団「マーラー復活」

■8/9・10(東京)
ダニエル・ハーディング(指揮)都響「マーラー巨人」

■8/23・24(京都)
広上淳一(指揮)藤村美穂子(MS)京都市交響楽団「マーラー:3番」

 

マーラーの交響曲はほとんどが長大な作品なので、初心者向けではありません。

夏休みですが、少なくとも、親子連れで行くようなものではありません。

音楽と向き合い、人生と向き合い、芸術と向き合いたいという気持ちになったら、是非、チャレンジしてみてください。

 

お願い

個人で集めている情報ですので、記載ミスなどもあるかもしれません。

その際にはどうぞご容赦ください。

こちらのページはあくまで大まかな地図としてお役立ていただいて、詳細は各公式サイト・各プレイガイドで必ず確認をお願いします

 

 

初心者向け:コンサートの選び方

 

曲目より、演奏者で選ぶ

 

■初めてコンサートに行くとなると『モルダウ』や『運命』といった聴いたことがある曲目で選びたくなりますが、そうではなくて、まずは誰が演奏するのかで選びましょう

わかりやすく例えると、美味しいものが食べたければ、メニューより前に、美味しいお店を探すことが大切なのと同じです。

 

■とはいっても、初心者であればあるほど、演奏者や指揮者の名前なんて知らないと思います。

そこで、このブログでは、クラシック音楽が大好きな私が、あくまで主観的に、自分でもチケットを買いたいと思う、お薦めのコンサート情報を厳選して掲載していきます。

 

場所もクラシック・コンサートが集中する東京、関東、首都圏にこだわらず、北海道、東北、中部、近畿、関西、四国、中国、九州、沖縄まで、自分がそこに住んでいたら「行ってみたい!」と思う、とにかく気になるものを素直にピックアップしています。

判断基準は、あくまでも、自分がこれまで実際に聴いたときの体験などの「主観」

その分、しがらみや忖度はありません。

クラシックをふだん聴かない方は名前も知らない演奏家が並んでいるかもしれませんが、「クラシック音楽と向き合ってみたい!」という方に、多少なり参考になったらうれしいです。

 

高いチケットは買わないで

 

とくに重要なことは、

  1. いきなり高いチケットを買わない
  2. 当日券ではなく、前売りで買う

の2点です。

 

■クラシック・コンサート初心者がいきなり高い席を買うのはお薦めしません。

理由は簡単で、クラシックのコンサートはハズレが多いからです。

「高いお金を出したのにハズレだった」としたら、二度と行きたくならないのが人情。

 

ですので、初めのうちほど、まずは手ごろな価格でチケットを手に入れてましょう。

具体的には、オーケストラ公演であれば、はじめのうちはP席(オーケストラの裏側)がお薦めです。

 

■また、「前売り」については、一般的には、だいたい3~6か月前くらいにチケットの発売が開始されます。

半年先というとずいぶん先に思えるかもしれませんが、人気の公演はそれでも完売してしまいますし、最後に残るのはたいてい高い席です。

 

■こうした話を、「コンサートの選び方&チケットの買い方【初めてのクラシック・コンサート】」というページにまとめています。

■さらには、チケットを手に入れたあと初心者の方が気になるであろう、「クラシックコンサートに行くときの服装」のことなどは、「コンサート当日の不安を解消!服は何を着る?持ち物は?【初めてのクラシック・コンサート】」というページにまとめています。

 

 

♪このブログではオンライン配信の音源も積極的にご紹介しています。

 

現状、Apple Music アップル・ミュージックがいちばんおすすめのサブスクになっています。

【2024年】クラシック音楽サブスクはApple Music Classicalがいちばんお薦め

 

Amazon Musicアマゾン・ミュージックも配信されている音源の量が多くお薦めできます。

Amazonでクラシック音楽のサブスクを~スマホは音の図書館

 

 

■オンライン配信の聴き方全般
➡「クラシック音楽をオンライン(サブスク定額制)で楽しむ~音楽好きが実際に使ってみました~

 

♪実際に聴きに行ったコンサートの感想、レビュー
➡「コンサートレビュー♫私の音楽日記

 

 

クラシック音楽にまつわるTシャツ&トートバッグを制作&販売中
Tシャツトリニティというサイトで公開中(クリックでリンク先へ飛べます)

 

 

ミハイル・プレトニョフの公演から~お薦めの現役クラシック・アーティストたち前のページ

ジョナサン・ノット2026年3月で東響音楽監督を退任次のページ

ピックアップ記事

  1. クラシック音楽をサブスク(月額定額)で楽しむ方法~音楽好きが実際に使ってみました…

関連記事

PR

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

おすすめnote

カテゴリー&検索

月別アーカイブ

最近の記事

  1. お薦めの音楽家たち

    札幌交響楽団の公演から~わたしのお薦めの音楽家たち
  2. エッセイ&特集、らじお

    サロネンのレスピーギ「ローマの松」が登場~Apple Musicで聴けるアルバム…
  3. エッセイ&特集、らじお

    ベルリン・フィル・ヴァルトビューネ・コンサート5選~森の中のピクニック・コンサー…
  4. エッセイ&特集、らじお

    曇り空の下で聴きたい音楽~ジェラルド・フィンジの世界を聴いてみよう
  5. シリーズ〈交響曲100の物語〉

    【初心者向け:交響曲100の物語】モーツァルト:交響曲第35番ニ長調『ハフナー』…
PAGE TOP