ジャンル〈交響曲〉

イタリアの名指揮者が残したシューマン:交響曲第1番『春』第2楽章~小さな試聴室

 

名指揮者シノーポリのエピソード

❝もし自分が死ぬようなことがあったら、葬儀のときにはこの美しい音楽を演奏してほしい。❞

イタリアの名指揮者ジュゼッペ・シノーポリは、このシューマンの『春』第2楽章をリハーサル中に、突然、そんなようなことを言ったそうです。
それからしばらくして、シノーポリはオペラの公演中に本当に心筋梗塞で急死してしまいます。

そのとき、あのリハーサルでの言葉を思い出した楽団員は少なくなかったそうで、彼を追悼する演奏会ではメインのブラームスのドイツ・レクイエムの前に、このシューマンの交響曲第1番『春』の第2楽章が独立して演奏されました。
日本で行われた追悼公演でも、やはりシューマンのこの音楽がブラームスの前に演奏されました。

プロフェッショナルなオーケストラが、こうして交響曲のひとつの楽章を抜き出して演奏するというのは、滅多にありません。
それを敢えて行ったところに、楽団員のシノーポリに寄せる哀悼と愛情が表れています。
あれは、とても美しいプログラミングでした。

シューマンの『春』

シューマンが“春の交響曲”として構想したこの交響曲。
第2楽章は当初「夕べ」という副題がついていましたが、あとになってシューマンは題名をすべて取り消しています。

題名というのは固定のイメージを与えてしまうために、出版段階で消してしまう作曲家はけっこう多いです。
マーラーの交響曲第3番なども、当初はこまかく題名がつけられていましたが、あとになって外されています。

ちなみに、この曲の初演の指揮をしたのはメンデルスゾーンだそうです。
なんともため息の出るような時代です。

( Apple Music↑・Amazon Music ・ Spotify ・ Line Music などで聴けます)

指揮・作曲・考古学・心理学の交差点

あこがれに満ちていると同時に、どこか憂いを含んだこの楽章を聴くと、どうしてもシノーポリのエピソードを思い出します。

あれは2001年の4月のことだったので、もう20年も前のこと。
私があのニュースを知ったのは、渋谷のタワーレコードに立ち寄ったときでした。
ふと目に入った急ごしらえのコーナーにあった、「追悼 ジュゼッペ・シノーポリ」の文字に心底驚きました。
まだ54歳でした。

指揮者・作曲家でありながら、大学では心理学や医学を学び、考古学の博士号まで持っていた異才の指揮者でした。
それでいて、実際の演奏は情熱やロマンにあふれ、まったく冷たさのない、素敵な音楽家。

当初はいかにもイタリア出身という、情熱的な指揮、切込みの鋭い解釈が特徴でした。
けれど、後年、深く沈み込むような、時には音楽がどこへ向かっているのかわからない、さまようような解釈へと変貌しているところでした。

私がテレビで彼を知ったのは、まだ情熱あふれる指揮ぶりだったとき。
でも、それから数年後に実演を聴いたときは、まさに停滞の音楽を奏でていました。
彼がいったいどこへ向かおうとしていたのか。
いつか稿をあらためて、彼の音楽をふりかえりたいと思っています。

いずれにせよ、彼が類まれな名指揮者であったことは疑いのない事実で、もっともっと活躍してほしかった人でした。
そのシューマンの交響曲第1番「春」をシノーポリが指揮した録音、まずは第2楽章だけでも是非聴いてみてください。

 

みんなで歌える歌がある~運河に船を浮かべて聴衆も大合唱、プリンセングラハト・コンサート前のページ

アメリカの2団体が魅せる対照的なアプローチをYouTubeで~古くて新しい古楽、その多様な世界次のページ

ピックアップ記事

  1. クラシック音楽をアプリ(サブスク定額制)で楽しむ~音楽好きが実際に使ってみました…

関連記事

おすすめnote

カテゴリー&検索

月別アーカイブ

最近の記事

  1. シリーズ〈交響曲100の物語〉

    【初心者向け:交響曲100の物語】ベートーヴェン:交響曲第8番ヘ長調Op93
  2. オリジナル・グッズ

    Tシャツ・バッグ 新作を追加~ハイドンの「くま」とドヴォルザーク:「アメリカ」
  3. シリーズ〈オーケストラ入門〉

    【オーケストラ入門】ウェーバー:『魔弾の射手』『オベロン』『オイリアンテ』序曲な…
  4. シリーズ〈オーケストラ入門〉

    【オーケストラ入門:弦楽合奏】エルガー:弦楽セレナーデ ホ短調~小さな試聴室
  5. コンサートに行こう!お薦め演奏会

    2022年4月・5月・6月のおすすめコンサート【 クラシック初心者向け 】~随時…
PAGE TOP