コンサートに行こう!お薦め演奏会

2023年2月のおすすめコンサート【 クラシック初心者向け 】~随時更新~

 

クラシック音楽のコンサートはもともと発売時期もいろいろですし、昨今はコロナ禍とウクライナ情勢で、情報公開がとてもゆっくりになっています。

ですので、このページは随時更新をしていきます。

どうぞ、ときおりご覧になってください。

 

 

初心者に体験していただきたい、本格的なクラシック・コンサートを選んでご紹介していきます。

こちらでは2023年の2月をご紹介していきます。

そのほかの月はそれぞれ別ページに記載していますので、『コンサートに行こう!お薦めの演奏会』のページから移動をおねがいします。

 

曲目ではなく、演奏者で選ぶのがクラシック・コンサート

 

初めてコンサートに行くとなると『モルダウ』や『運命』といった聴いたことがある曲目で選びたくなりますが、そうではなくて、まずは誰が演奏するのかで選びましょう

わかりやすく例えると、美味しいものが食べたければ、メニューより前に、美味しいお店を探すことが大切なのと同じです。

 

とはいっても、初心者であればあるほど、演奏者や指揮者の名前なんて知らないと思います。

そこで、このブログでは、クラシック音楽が大好きな私が、あくまで主観的に、自分でもチケットを買いたいと思う、お薦めのコンサート情報を厳選して掲載しています。

 

場所もクラシック・コンサートが集中する東京、関東、首都圏にこだわらず、北海道、東北、中部、近畿、関西、四国、中国、九州、沖縄まで、「自分がそこに住んでいたら」という妄想をしながら、とにかく気になるものをピックアップしています。

 

主観で選んでいます

 

判断基準は、あくまでも、自分がこれまで実際に聴いたときの体験などの「主観」にもとづいています。

その分、しがらみや忖度はありません。

クラシックをふだん聴かない方は名前も知らないような演奏家がずらっと並んでいるかもしれませんが、「クラシック音楽と向き合ってみたい!」という方に多少なり参考になればと選んでのものです。

 

初心者の方へのアドバイス

 

とくに重要なことは、

  1. いきなり高いチケットを買わない
  2. 当日券ではなく、前売りで買う

の2点です。

 

クラシック・コンサート初心者がいきなり高い席を買うのはお薦めしません。

理由は簡単で、クラシックのコンサートはハズレも多いからです。

 

私は結構コンサートに通っている方だと思いますが、いまだに予想を裏切られて、「つまらなかった…」とがっかりして帰ってくることがあります。

クラシック初心者の方が、そうした「つまらない」コンサートに当たってしまい、「クラシックって、こんなもんか」と思われてしまうのが嫌で、少しでも当たりをひく確率が上がればと、このページを作っています。

 

また、「前売り」については、一般的には、だいたい3~6か月前くらいにチケットの発売が開始されます。

半年先というとずいぶん先に思えるかもしれませんが、人気の公演はそれでも完売してしまいますし、最後に残るのはたいてい高い席です。

 

「高いお金を出したのにハズレだった」としたら、二度と行きたくならないのが人情です。

ですので、初めのうちほど、まずは手ごろな価格で、なるべく早めに前売り券を手に入れておきましょう。

 

こうした話を、「コンサートの選び方&チケットの買い方【初めてのクラシック・コンサート】」というページにまとめています。

さらには、チケットを手に入れたあと初心者の方が気になるであろう、「クラシックコンサートに行くときの服装」のことなどは、「コンサート当日の不安を解消!服は何を着る?持ち物は?【初めてのクラシック・コンサート】」というページにまとめています。

 

お願い

 

コロナ禍とウクライナ情勢の影響で、公演の有無をふくめ、コンサートの日時、チケット発売日、曲目の変更、出演者の変更などなど、急な変更が日々いろいろ発生しているのが現状で、個人ではとても追い切れないものがあります。

ですので、こちらのページはあくまで大まかな地図としてお役立ていただいて、詳細は各公式サイト・各プレイガイドで必ず確認をお願いします

 

個人で集めている情報ですので、記載ミスなどもあるかもしれません。

その際にはどうぞご容赦ください。

 

2月のおすすめコンサート

コンサートはだいたいの日付順で掲載しています。

🔰=「曲目もスタンダードで入門に最適」マーク

=「今月、とくにコレに期待」マーク

青文字=リンク or このブログに関連記事があるものです。

演奏家の写真=関連のあるAmazon商品ページにリンク、著作権上問題のないものを使用しています。

 

🔰広上淳一 指揮
日本フィルハーモニー交響楽団(東京)

2月1日(水)14:00@サントリーホール
公演詳細ページ
ドリーブ:バレエ組曲《シルヴィア》より 第4曲「バッカスの行進」
ミヨー:《スカラムーシュ》
ピアソラ:《エスクアロ(鮫)》/《オブリビオン(忘却)》/《リベルタンゴ》
(サクソフォーン:上野耕平)
ハチャトゥリヤン:バレエ組曲《ガイーヌ》より
ビゼー:組曲《アルルの女》第2番( ♫鑑賞ガイド

お薦めPOINT♪

日本を代表する指揮者のひとり、広上淳一さんが指揮する名曲コンサートです。

「剣の舞」で有名な《ガイーヌ》やビゼーの名曲《アルルの女》など、親しみやすい小品がいろいろと演奏されます。

人気サックス奏者の上野耕平さんも登場して、華やいだコンサートになるはずです。

“ たのしい ”コンサートに行ってみたい方にお薦めです。

 

 

 

井上道義 指揮
日本フィルハーモニー交響楽団(東京)

2/4(土)14:00@府中の森芸術劇場どりーむホール
公演詳細ページ
《悲運が生んだ奇跡 プロコフィエフ名曲選》
ヴァイオリン協奏曲第1番 ニ長調 op.19
(Vn, 服部百音 )
バレエ音楽《シンデレラ》より ~井上道義セレクション~

お薦めPOINT♪

2024年末での引退を表明している指揮者の井上道義さんが登場。

《悲運が生んだ奇蹟》と題して、得意のロシア音楽からプロコフィエフの作品が特集されます。

特に注目は、後半のバレエ音楽《シンデレラ》抜粋で、こちらは井上道義さんがセレクションした独自の編纂版が演奏されるそうです。

プロコフィエフのバレエの傑作《シンデレラ》がお好きな方に、特にお薦めしたい公演です。

 

 

 

高関健 指揮
東京シティ・フィルハーモニック(東京)

2/4(土)15:00@ティアラこうとう
公演詳細ページ
バルトーク:弦楽のためのディヴェルティメント
モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番ハ長調K.467
(piano, 佐川 和冴)
ドヴォルザーク:交響曲第8番ト長調Op88

お薦めPOINT♪

私は2022年に初めて、このコンビの演奏を聴きました。

公演レビュー:初めて聴いた東京シティ・フィル&高関健(指揮)のコンサート~もっとモーツァルトを

その実直でまじめな音楽づくりにとても好感を持った公演でした。

この公演では、前回とても印象深かったモーツァルト作品が演奏されることと、ドヴォルザークの名曲、交響曲第8番がメインに置かれているのが注目です。

フレッシュで、清々しい音楽体験をしたい方にお薦めの公演です。

 

 

マティアス・バーメルト指揮
札幌交響楽団(北海道・東京)

2月4日(土)17:00@札幌コンサートホール Kitara
2月5日(日)13:00@札幌コンサートホールKitara
公演詳細ページ
2月9日(木)19:00@サントリーホール(東京)
公演詳細ページ
武満徹:雨ぞふる
モーツァルト:フルートとハープのための協奏曲
(Fl, カール=ハインツ・シュッツ
Hrp,吉野直子)
シューベルト:交響曲第8番ハ長調「ザ・グレイト」( ♫鑑賞ガイド

お薦めPOINT♪

マティアス・バーメルトはスイス出身の名指揮者で、御年80歳。

マニアックな作品の数々の名録音で有名でしたが、札幌交響楽団とのプログラミングを見ていると王道のスタンダードナンバーも多く、この公演では、冒頭に武満徹(1930-1996)の作品が置かれているのがアクセントになっています。

すでに首席指揮者としての任期を2024年まで延長していて、コンビネーションがうまくいっていることをうかがわせます。

本拠地、札幌での公演のほかに、同じプログラムで東京公演も行われます。

 

 

 

ユベール・スダーン指揮
九州交響楽団(福岡)

2月11日(土・祝)15:00@アクロス福岡シンフォニーホール
公演詳細ページ
ブラームス:ピアノ協奏曲第1番ニ短調
(piano, 三浦謙司)
シューベルト:交響曲第8番ハ長調「グレート」( ♫鑑賞ガイド

お薦めPOINT♪

御年76歳、オランダの名指揮者ユベール・スダーンが登場です。

スダーンは少し存在が地味というか、スター街道を歩んできた指揮者という感じではありませんが、実際には、たいへんな名指揮者です。

シューベルトが完成させた最後の交響曲、作曲家シューマンが“ 天国的な長さ ”と絶賛した傑作交響曲を、どのように展開させるのか、注目の公演です。

 

 

ユベール・スダーン指揮
兵庫芸術文化センター管弦楽団(兵庫)

2/17(金)15:00@芸術文化センターKOBELCO
公演詳細ページ
2/18(土)15:00@芸術文化センターKOBELCO
公演詳細ページ
2/19(日)15:00@芸術文化センターKOBELCO
公演詳細ページ
ハイドン:交響曲第6番《朝》
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番ハ短調
(piano, 児玉麻里)
シューベルト:交響曲第8番《ザ・グレイト》 ♫鑑賞ガイド

お薦めPOINT♪

オランダ出身の名指揮者ユベール・スダーンが登場します。

定評のある古典的な作品からプログラムが組まれていて、曲目もどれもお薦めです。

ベートーヴェンでは、ピアノに児玉麻里さんが登場ということで、その点でも、全編聴きどころのコンサートになりそうです。

スタンダードなクラシック作品を、じっくりと味わいたい方にお薦めの公演です。

 

 

 

高関健 指揮
仙台フィル(宮城)

2/17(金)19:00@日立システムズホール仙台・コンサートホール
2/18(土)15:00@日立システムズホール仙台・コンサートホール
公演詳細ページ
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」
(piano, 小山 実稚恵)
ショスタコーヴィチ:交響曲第10番ホ短調

お薦めPOINT♪

大作が並べられた、かなり重量級のプログラムです。

後半の作品の作曲家ドミトリー・ショスタコーヴィチ(1906-1975)は、ソビエト時代のロシアの大作曲家で、スターリンから圧力をかけられながらも独自の芸術を形作りました。

彼の作品が、またこうして生々しいリアリティを持って響く時代がやってきています。

高関健さんはとても実直でまじめな指揮をされる方。

彼が、このショスタコーヴィチの10番という難しい大作とどう向き合うのか、注目の公演です。

 

 

トン・コープマン
オルガン・リサイタル

2/18(土)14:00@ミューザ川崎

お薦めPOINT♪

詳細未発表ですが、名オルガニストにして名指揮者のトン・コープマンの来日が実現するかもしれません。

期待して、詳細を待ちたいです。

 

 

 

小林研一郎 指揮
群馬交響団(群馬・東京)

2/18(土)15:00@サントリーホール
公演詳細ページ
2/19(日)16:00@高崎芸術劇場
公演詳細ページ
《オール・チャイコフスキー・プログラム》
ヴァイオリン協奏曲ニ長調Op35
(Vn, 神尾真由子)
交響曲第6番ロ短調Op74《悲愴》

お薦めPOINT♪

群馬交響楽団の桂冠指揮者になった小林研一郎さんが登場。

得意のチャイコフスキー・プログラムです。

注目は何といっても後半の《悲愴》交響曲で、この傑作はまさにこうした冬の時期に聴きたい音楽。

濃厚で、劇的な、そしてカンタービレに溢れた名演奏が期待されます。

圧倒的なオーケストラを体験したい方にお薦めの公演。

 

 

マリアン・コンソート(東京)

2/20(月)14:00@豊洲シビックセンターホール
2/21(火)19:00@東京文化会館小ホール
公演詳細ページ
ウィリアム・バード「4声のミサ曲」などのア・カペラ作品

お薦めPOINT♪

イギリスの若手ア・カペラ・グループ6名の初めての来日公演。

このブログで中心的にあつかっているクラシック音楽より前の、ルネサンス期の合唱作品のコンサートです。

こちらのアルバム「 SINGING IN SECRET 」に収録された作品などが歌われます。

( Apple Music↑ ・ Amazon Music ・ Spotify ・ Line Music などで聴けます)

オンライン配信の音源の聴き方については、「クラシック音楽をオンライン(サブスク定額制)で楽しむ~音楽好きが実際に使ってみました~」のページでご紹介しています。

 

 

 

 

アンナ・ラキティナ指揮
読売日本交響楽団(東京)

2月22日(水)19:00@サントリーホール
公演詳細ページ
エレナ・ランガー:歌劇「フィガロの離婚」組曲(日本初演)
エスケシュ:ヴァイオリン協奏曲(日本初演)
(Vn, ルノー・カプソン)
チャイコフスキー:交響曲第1番ト短調「冬の日の幻想」

お薦めPOINT♪

ヨーロッパを中心に活躍している、女性指揮者アンナ・ラキティナが登場します。

男性中心だった指揮の世界も女性の活躍が目立ってきていて、彼女はその若手世代の最前線にいる方。

プログラムはかなり凝っていて初心者向けではありませんが、ヨーロッパの最前線を体験したい方にお薦めの公演。

エスケシュのヴァイオリン協奏曲では、フランスの名手ルノー・カプソンも登場します。

 

 

山下一史 指揮
愛知室内オーケストラ(愛知)

2/23(木・祝)14:00@三井住友海上しらかわホール
(公演詳細ページ)
パリー:イギリス組曲 ト長調
シューベルト:アルペジョーネ・ソナタ イ短調 D821(弦楽合奏版)
(va, アミハイ・グロス)
バルトーク:舞踏組曲 Sz.77
プロコフィエフ:交響曲第1番 ニ長調 作品25「古典」

お薦めPOINT♪

刺激的なプログラムを展開している、愛知室内オーケストラ(楽団の公式HP)の公演。

シューベルトの名曲、アルペジオーネ・ソナタでは、名門ベルリン・フィルのヴィオラ奏者アミハイ・グロスが登場。

こうした室内楽の名曲の編曲版をはさむあたり、そして、冒頭のイギリスの作曲家パリーの作品といい、プログラミングのセンスの良さが光ります。

締めには、プロコフィエフの親しみやすい古典交響曲が置かれていて、まさに、万人が楽しめるような、幅広い客層に向けた絶妙なプログラミングになっています。

 

 

 

 

小菅優
ピアノ・リサイタル(茨城)

2/26(日)@水戸芸術館
公演詳細ページ
J.S.バッハ:ソナタ BWV963
ベートーヴェン:選帝侯ソナタ第2番 ヘ短調 WoO47-2
プロコフィエフ:ピアノソナタ第1番 ヘ短調
ブラームス:ピアノソナタ第3番 ヘ短調

お薦めPOINT♪

日本を代表するピアニストのひとり、小菅優さんのリサイタル。

ブラームスの3番をメインに据えた、堂々たるプログラミングです。

『小菅優リサイタルシリーズ第1回』と銘打たれているので、水戸芸術館で連続でリサイタルが組まれていくのかもしれません。

じっくりとピアノ作品に向き合いたい方にお薦めです。

 

 

 

井上喜惟 指揮
マーラー祝祭オーケストラ(神奈川)

2/26(日)@ミューザ川崎
公演詳細ページ
ラフマニノフ:交響詩《死の島》
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第4番
(piano, 秋葉敬浩)
ハチャトゥリアン:交響曲第2番《鐘》

お薦めPOINT♪

これはアマチュア・オーケストラの公演で、曲目を含め、初心者向けではありません。

コンサートにそれなりに通っておられる方、クラシック玄人の方にこそお薦めしたい公演です。

指揮者の井上喜惟さんが描き出す、対位法の信じがたい調和、抑制と均衡から生まれる多層的な音楽を体験してください。

 

 

🔰小林研一郎 指揮
大阪フィルハーモニー
piano, 松田華音(大阪)

2/26(日)14:00@ザ・シンフォニーホール
公演詳細ページ
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調
チャイコフスキー:交響曲 第6番 ロ短調 「悲愴」

お薦めPOINT♪

これは、指揮者、オーケストラ、ソリスト、そして、ポピュラーな曲目と、どれもが揃ったお薦めのコンサート。

ラフマニノフの作品は、ピアノ協奏曲の代名詞とも言える名曲のひとつ。

その濃厚なロシア・ロマンティシズムを、小林研一郎さんの指揮と松田華音さんのピアノの共演で聴ける期待の選曲。

 

さらには後半、コバケンさんお得意のチャイコフスキーからは第6番《悲愴》が選ばれていて、プログラムは言うことなしのコンサート。

あとはもう、演奏者がその期待に応えられるかどうか、それだけです。

 

 

 

 

 

♫ほかの月については、「コンサートに行こう!お薦め演奏会」ページからおねがいします。

 

 

 

♫クラシック音楽にまつわるTシャツ・トートバッグなどをリリースしています。

 

 

【音楽を着よう】クラリネット&バス・クラリネットをモチーフにしたTシャツをリリースしました前のページ

なぜこんな凄い指揮者がアマチュア・オケで仕事を…?~マーラー祝祭オーケストラを聴いて次のページ

ピックアップ記事

  1. クラシック音楽をオンライン(サブスク定額制)で楽しむ~音楽好きが実際に使ってみま…

関連記事

おすすめnote

カテゴリー&検索

月別アーカイブ

最近の記事

  1. クラシックのTシャツ&バッグ制作

    大人でも使えるようなクラシック音楽Tシャツ、バッグを作ってみました
  2. シリーズ〈交響曲100の物語〉

    【初心者向け:交響曲100の物語】モーツァルト:交響曲第31番ニ長調K.297『…
  3. クラシックのTシャツ&バッグ制作

    Tシャツに新作を追加しました~リヒャルト・シュトラウス:『あした』
  4. エッセイ&特集

    ガーシュウィン:歌劇『ポーギーとベス』~休日の午後にたのしみたいハイライト版
  5. クラシックのTシャツ&バッグ制作

    【音楽を着よう】クラリネット&バス・クラリネットをモチーフにしたTシャツをリリー…
PAGE TOP